【移転しました】
2016年1月1日
プロファイル
 
Author : 紺 (♂)



最新記事
2015年12月31日が最後です
【通販】マスク送料誤請求のお詫び
(2010/12/27)
最新コメント
全レスします(^^)
<>+-
<> + -
月別アーカイブ
1日→31日の順に表示します
 2020 01  (1)
 2017 08  (1)
 2015 12  (28)
 2015 11  (27)
 2015 10  (29)
 2015 09  (29)
 2015 08  (27)
 2015 07  (29)
 2015 06  (29)
 2015 05  (31)
 2015 04  (28)
 2015 03  (27)
 2015 02  (27)
 2015 01  (29)
 2014 12  (30)
 2014 11  (28)
 2014 10  (24)
 2014 09  (1)
 2014 08  (28)
 2014 07  (27)
 2014 06  (27)
 2014 05  (28)
 2014 04  (27)
 2014 03  (30)
 2014 02  (25)
 2014 01  (28)
 2013 12  (27)
 2013 11  (27)
 2013 10  (30)
 2013 09  (29)
 2013 08  (30)
 2013 07  (30)
 2013 06  (29)
 2013 05  (30)
 2013 04  (28)
 2013 03  (28)
 2013 02  (29)
 2013 01  (25)
 2012 12  (29)
 2012 11  (28)
 2012 10  (30)
 2012 09  (28)
 2012 08  (29)
 2012 07  (29)
 2012 06  (23)
 2012 05  (28)
 2012 04  (30)
 2012 03  (28)
 2012 02  (27)
 2012 01  (28)
 2011 12  (29)
 2011 11  (28)
 2011 10  (29)
 2011 09  (28)
 2011 08  (30)
 2011 07  (29)
 2011 06  (28)
 2011 05  (30)
 2011 04  (14)
 2011 03  (26)
 2011 02  (17)
 2011 01  (31)
 2010 12  (31)
 2010 11  (28)
 2010 10  (30)
 2010 09  (30)
 2010 08  (30)
 2010 07  (31)
 2010 06  (32)
 2010 05  (30)
 2010 04  (29)
 2010 03  (32)
 2010 02  (27)
 2010 01  (26)
 2009 12  (19)
 2009 11  (9)
 2009 10  (12)
 2009 09  (17)
 2009 08  (23)
 2009 07  (11)
カテゴリ
 
ユーザータグ
 
記事一覧
 
ブログ内 全文検索
 
リンク
 
アダルト系のリンクは
ホームにあります。
SPECIAL THANKS
いつもお世話になっているサイト
メール
 
訪問者数
 
ナースのお仕事3
2015/08/31(月) 22:10 プレイ日記
今年もお暑うございました。

  20150831_1.jpg

明日から学校という地域も多いんでしょうね。
当地は雪国で1月末に「冬休み」がある関係で8月下旬からすでに始まってますが、
毎年この時期は溜め込んだ宿題の山と格闘してました(^^;)
社会人になって何が嬉しいかって、夏休みの宿題がなくなった事ですw

さて。

そんな夏の間、本業のかたわらナースエプロンの制作に励んでおられた方が。
はい、以前「自作ナース服」の写真を送ってくださった方です(・∀・)

 第1弾(去年5月13日)
 第2弾(今年7月1日)

今回ご紹介する作品は、すべて第2弾の後に送っていただいたものです。
2ヶ月足らずの間にこんなにたくさん作れるなんて、ただただ驚くばかりです。

ではドゾー。

20150831_01.jpg 20150831_02.jpg 20150831_03.jpg

素材は前回と同じくソフトレザー中心のようです。
硬めの風合いと鈍い光沢がフェティッシュですね。
ナースキャップのステッチなどお見事としか言いようがありません。

20150831_04.jpg 20150831_06.jpg 20150831_05.jpg 20150831_09.jpg

色が変わると雰囲気が変わりますね。
防水素材が醸し出す防護感がたまりません(*´д`*)ハァハァ
ストラップが背中でクロスしてるのも個人的には大好きです(^^)

20150831_07.jpg 20150831_08.jpg 20150831_10.jpg 20150831_12.jpg 20150831_11.jpg

チェアと色味が合っていて一体感がありますね(・∀・)
とても趣味で作ったものとは思えませんw

背景でお分かりのように、制作者は本職の方でございます。
エプロンの中のナース服もたぶん本物ですよ。

20150831_16.jpg 20150831_18.jpg 20150831_17.jpg 20150831_19.jpg

白に濃いピンクってクレージュっぽいですね。えろすぎるw

スタッフのお姉さんが着ている着用写真も送っていただきました。
公開できないのが残念ですが、それはそれはフェティッシュなお姿でした(・∀・)
中に人が入ると、作品に生命を吹き込まれたような感じがします。

20150831_20.jpg 20150831_21.jpg 20150831_22.jpg 20150831_24.jpg 20150831_25.jpg

濃いブルーは外国の医療プレイを連想させますね。
かたやベージュピンクはリアル感半端ないです。
これを身にまとって現れたら「趣味の作品」だとは気づかないかもです。

  20150831_23.jpg
  叶う事なら、お客さんの目を楽しませてほしいです(^^;)

いかがでしょうか。
自作の醍醐味があふれるほど出てますね。
「数量限定」なーんていうモノは世の中にたくさんありますが、
自分で作ったものは即、世界にひとつ限定ですよ(・∀・)

ナースエプロンに限らずとも、
みなさまもぜひフェチアイテムの自作に挑戦してみてはいかがでしょうか。
自分のもてる労力を、フェチライフをより豊かにする為に使うのは楽しいですよ。

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

ナースのお仕事3 | 2015/08/31(月) 22:10:50 | カテゴリ:プレイ日記 | コメント (5)
ユーザータグ:ナース服
夢の日記帳。
2015/08/24(月) 23:59 プレイ日記
お暑うございます。

  20150824_1.jpg
  (拾い画像)

仕事帰りにお買い物。

  20150824_2.jpg
  あれこれ迷ったあげく、いつものを買ってきました。

すっかり日常の一環になってます(^^;)
最近は昼用と夜用をペアで使うことも多く、消費量が右肩上がりですよ。

さて。
日常と言えば非日常。

今日は拾いネタから。
こんなラブホが話題になってますね。

http://j-town.net/tokyo/column/gotochicolumn/210558.html?p=all
  20150824_5.jpg 20150824_3.jpg 20150824_4.jpg
現場事務所風教室風病院風

新潟にあるそうですよ。
SMクラブのプレイルームならいざ知らず、地方のラブホでここまでやるとは驚きですよ。
写真で見る限り、結構それっぽいですし。
だいたい現場事務所風の部屋でどんなプレイするんだw
わが特殊防護服にベストマッチングではありますが(^^;)

教室風の部屋は壁に腰板が貼ってあって、最近の田舎の学校みたいです(笑)
黒板の上には校内放送のスピーカーまで付いてますよ。
机に置いてあるのはお決まりのメニューでしょうか。机も新品みたいですね。
肝心のベッドが見えませんが、どんなデザインなんでしょうね。そこがすごく気になります。

こういう部屋だと「制服を着せて…」ってつい考えがちですが、
参観日プレイというのもシュールでいいかも(笑)
もし普通のベッドルームなら、学校でやっちゃって、そのまま人目を忍んでホテルへ…という
イケナイ雰囲気も味わえそうです。

病院風の部屋はシャウカステン(X線写真を透かして見るやつ)とベッドが同居していて
一見「?」ではありますが、処置室と考えればまあいいか(^^;)
診察スペースが重視されているのはプレイの幅を広げますね。
ドクター用と患者用で椅子が違うのも芸が細かいです。

あと、広角レンズで撮ってるので判断しづらいですが、ダブルベッドでしょうか?
だとしたら特注品ですね。

これがアルファーインなんかだと「とにかく内診台!」ってノリですが、
ラブホでそこまでやったらドン引きする人も多いでしょうし
いいバランスかなと思いますよ。

「ちょっと変わったプレイ」もOKのデリヘルお姉さんをここに呼べば
医療プレイの出前も実現できますね(・∀・)
3年前「医療最前線。」に書いた妄想が現実味を帯びてきますよ。
この部屋なら、ひとりプレイでもかなり盛り上がるでしょうね。
七つ道具を大きなバッグに詰め込んで行ってみたいです。

先日「場所探し。」という記事で
「コス撮影に使える格安な貸しスタジオがあれば…」なんて書いたら
1週間後にこの記事が出てたので本当に驚きました。

もちろん偶然だとは思いますが、ここに書くといつか実現するのかな…(・∀・)
これからも妄想に励みたいと思います。

  20150824_6.jpg 20150824_7.jpg
  お出かけの際はナース服だけでなく小物類もお忘れなく。
  特にナースサンダルを忘れると院内をスト足でぺたぺた歩くことになり
  かなりまぬけです(笑)

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

夢の日記帳。 | 2015/08/24(月) 23:59:59 | カテゴリ:プレイ日記 | コメント (2)
ユーザータグ:ナース服
見切り発射7。
2015/07/20(月) 22:11 プレイ日記
関東甲信まで梅雨明しましたね。
http://www.data.jma.go.jp/fcd/yoho/baiu/sokuhou_baiu.html
当地はまだですが、カラッと晴れて、もう明けちゃったような感じですよ。

今日はそんなカラッとした天気とは裏腹に、ぬれぬれぐちょぐちょの妄想小説の続きですよ。
「見切り発射」第7回です。
(お食事中の方はスルーでお願いします^^;)

 第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回

前回までのあらすじ
便秘を訴えてとある病院を受診、女医さんの一声で即入院に。
そこは役割の違う3色のナース服を着た看護婦さん達がうごめく特殊病棟。
最初に現れた白いナース服の看護婦さん達は濃厚な看護を担当、
手を使わずに朝食を食べさせてもらい、甘美な一日が始まりました。
やがて朝食に仕込まれた下剤が効いてきて、看護婦さん達に囲まれてベッドの上で大量失禁…。
一部始終を見守られた後、水色ナース服の看護婦さんが病室に入ってきました。

◇ ◇ ◇

ストレッチャーとともに現れた完全装備の看護婦さん2人。

  20150713_8.jpg

防水シーツの上で失禁して放心している姿を見下ろしながらあやすように

  20150720_1.jpg

「あら〜、ずいぶんいっぱい出たのね〜」
「大丈夫よ〜。きれいにしてあげるからね〜」
マスクの中からくぐもった声でささやきました。

「いい?」「はい」「せーのっ」
防水シーツごとストレッチャーに移してくれました。
体の上からディスポシーツをもう1枚掛けて、両腕を乗せ、てきぱきとゴムベルトで縛ります。
「じゃ、行くわよ」

ストレッチャーが滑るように走り出します。
気密ドアがバシャッと開き、廊下へ出ました。
音の響く廊下、遠くで人の気配がします。
ストレッチャーは何度か向きを変えながら、ゆっくりと進んでいきました。

  20150720_2.jpg

空調の効いた病室を出たせいか、体がすこし冷えた気がしました。
その予感はどんどん強くなり、大きな奔流が出口を目指して押し寄せてきます。
「あ、あの…」
天井を見つめながら、声にならない声を上げました。

ストレッチャーが止まります。

  20150720_3.jpg

「どうしたの?気分悪い?」
視界の一角から看護婦さんが覗き込みました。
「で、出そう…」

  20150720_4.jpg

「いいわよ。そのまましちゃいなさい…大丈夫だから…」
もう1人の看護婦さんが防水シーツの上からお腹をやさしくさすります。
看護婦さん2人に上から見つめられながら、力を抜きました。
「ブシャッ!ブシャッ!ビュビュビュッ…」
とうとう防水シーツの中で失禁してしまいました。
「いいわよ…全部出しちゃいなさい…うんちも…おしっこも…見ててあげる…」
廊下を行き交う看護婦さんたちがみんな覗き込んでいきます。

  20150720_5.jpg
  「あらあらw お漏らししてるの〜♥」

「ビュッ、ビュビュッ。ブブブブ…」
看護婦さんたちに見られながら防水シーツに包まれてガクガクと腰を震わせ、
そのたびに体を拘束するベルトが食い込みます。
(はあ、はあ…)
「いっぱい出たみたいねー。これから処置室?」「はい」看護婦さん同士。
「すっきりしたかな〜? 今度お姉さんが可愛がってあげるね♪ お・も・ら・し・君♥」
看護婦さんはゴム手袋をはめた手で頬をつんつんして去っていきました。

「いいとこ見られちゃったねw
 寝たままするの、少し慣れたかな? これから毎日よ♪
 看護婦さんたちに見られながらベッドの上で排便するのよ〜」

再びストレッチャーが動くと、すぐに自動ドアが開き、どこかの部屋に入りました。
"部屋"のすぐ目の前で漏らしてしまったようです。

二重のドアが閉まると、空気が変わりました。
暖かくて湿っぽい感じです。
天井にはいろんな照明。視界の隅にはいろんな器具。タイル張りの壁。

  20150720_6.jpg

部屋の真ん中でストレッチャーが止まり、拘束ベルトが外されました。
「おねがいしまーす」
「はーい」
奥から声がして、看護婦さんが現れました。

20150720_7.jpg 水色のレインコートに身を固め、ゴム手袋に長靴。
(部屋の中でレインコート…何が始まるの…?)

「あら男の子♥ すぐ支度しますね〜」
その声に呼ばれたのか、もう2人、看護婦さんが出てきました。
みんな同じレインコートを着てゴム手袋に長靴姿で
蒸し暑い部屋の中でこちらを見ました。

3人はすぐに壁にかけてあったレインコートを手にとり、
今着ているレインコートの上から割烹着のように前後逆に重ね着しました。

  20150720_8.jpg20150720_9.jpg

顔は透明なフードで覆われています。
お互いに背中のファスナーを閉め、背中のコネクターにホースをつなぎます。
それが終わると、それぞれゴム手袋を何枚も重ねてはめました。

「準備できた?」
最初の看護婦さんは主任さんのようです。
2人は装備をチェックし合い、手で合図をしました。
それを見届けると、主任さんも背中を向け、支度を始めました。

  20150720_10.jpg

「はい、お待たせ」
主任さんがこちらを向くと、顔はガスマスクで覆われていて、
天井のスピーカーから声が聞こえました。
「せーの」
防水シーツごと持ち上げられ、幅の狭い台に寝かされます。
この部屋まで運んできた看護婦さんたちは主任さんに何か告げ、自動ドアの向こうへ消えました。

主任さんはすぐそばに立ち、2人は足元にいます。
ドアが閉まるのを見届けると、3人はホースをそれぞれ近い所へつなぎました。
「エア来てる?」
スピーカーから響く声。2人は手でOKサイン。
「はい。じゃ、シーツ取って」
大きな換気扇が動きだし、2人が防水シーツをめくると、無惨な姿がさらけ出されました。
「あらあら…来るまで我慢できなかったのね。いいわよいいわよ…」
ガスマスクの奥で主任さんが目を細めます。
「しばらくこうしててね」
両手首をゴム手袋で掴まれ、頭の上へ持っていかれ、台に固定されました。
「膝、曲げて」
言われるままに足首も固定されました。
汚れた防水シーツの上でM字開脚、お尻の穴まで丸見えです。

  20150720_11.jpg

シャワーの音がしました。
ザザーッとシーツに跳ね返った温かい水滴は、すぐに下半身を包みました。
ゴム手袋をはめた2人の看護婦さんの手で、台の上で洗われていきます。
台の真ん中が落とし込まれ、脚の間に看護婦さんが割って入ってきました。
レインコートの中で汗だくになっているのが分ります。

シャワーのお湯とゴム手袋をはめた手が膝、太もも、その内側と下りていき、
竿をやさしく包み込みました。その瞬間、
「ああっ」「あふっあふっ」
急にこみ上げてきて、射精が始まりました。
体の向きを変えようとしましたが固定されてて動けません。
レインコート目がけてびゅっびゅっと飛んでいきました。
看護婦さんはよけるどころか、竿をしっかり握って少しかがんで、顔で受けました。
主任さんが顔を覗き込みます。
「こんなので出しちゃったら体が持たないわよw」

ひとしきり洗い終わると、やわらかいタオルで軽く拭き取られました。
その間にもてきぱきと次の準備をしています。

「ちょっと冷たいの入るわよ〜」

  20150720_13a.jpg

主任さんが股間に回り込み、指がにゅぷっと入ってきました。
ゼリーでてろてろに光ったゴム手袋、お尻の穴でくねくねと動き、直腸内をかき回します。
たとえようのない違和感に腰が動きます。

「まだまだ固いわね。もうちょっとほぐしてあげて」

(つづく)

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

見切り発射7。 | 2015/07/20(月) 22:11:06 | カテゴリ:プレイ日記 | コメント (0)
ユーザータグ:レインコート・防護服 おむつ ナース服
見切り発射6。
2015/07/13(月) 22:47 プレイ日記
うひょひょ。
めっちゃ暑いですよ。車の中みたいに。

こんな日に家の中でレインコート着る人がいるとか、ただのあほですね。
そのあほはここにいますが(・∀・)
でも猛暑日にディズニーランドで遊ぶのも同じぐらいあほだと思いますよ。
あほのおかげで経済がまんべんなく回ってるのを実感する今日この頃です。

さて。

今日は猛暑、もとい妄想小説「見切り発射」の第6回です。

 第1回 第2回 第3回 第4回 第5回

前回までのあらすじ
便秘を訴えてとある病院を受診、女医さんに即入院を言い渡されました。
24時間監視付きの特殊病室で、3色のナース服を着た看護婦さん達の濃厚な看護
手を使わずに朝食を食べさせてもらったり、巨乳を押しつけて歯磨きされたり。
朝食に仕込まれた下剤が問診中に効いてきて、居並ぶ看護婦さん達の前で暴発寸前…。

※今回は(特に)お食事中の方はご遠慮願います(^^;)

◇ ◇ ◇

看護婦さんが取り出したのは、大きなパッドでした。

  20150710_6.jpg 20150713_1.jpg

問診していた看護婦さんはそれを受け取ると
ゴム手袋をはめた手で股間に当ててきました。

  20150710_4.jpg

「あらあら、どうしたの〜? もう我慢できないのぉ?」
周りの看護婦さんもみんなこちらを見ています。
(どうしよう…ベッドの上なのに…)
身をよじって便意に耐えます。

ふいに両手首を掴まれました。
ゴム手袋をはめた看護婦さん2人によって、両手を頭の上へ持って行かれます。
「じっとしてなさい。いい子だから。ねっ」
(ああ…もうだめ…出るぅ…)

  20150713_3.jpg

  「…いいわよ。
    ここで…しちゃいなさい…見ててあげるから…」

一瞬のためらいの後、すべてを忘れるかのようにうんちが溢れ出します。
パッドを押さえる手が2つになり、中がどんどん膨らんできます。
「あ、お、おしっこも…」
声にならない声を上げると同時に、手は3つに増えました。
もうパッドから漏れ出して、ベッドの上が大洪水です。
「あふっ、あふっ…」
両手をがっちり掴まれ、ベッドを揺らしながら何度も垂れ流します。

  20150713_4.jpg20150713_5a.jpg
うわ、まだ出てる…マスクの中まで匂うわよw

慣れてるはずの看護婦さん達にも想定外の大量失禁だったようです。
ようやく噴出が止まり、体で大きく息をします。

  20150713_6.jpg

「うふ♥いっぱい出たよ〜。わかる?」
「は、はい…」
「もう大丈夫? まだ出そう?」
「だ、大丈夫です…」

「よくがんばったわね。ごほうびにこうして・あ・げ・るっ」

  20150713_7.jpg

パッドを押さえていた看護婦さんが、パッドを股間にぐりぐり押しつけてきました。
「うわ〜、きたない子ね〜。こーんなにうんち出ちゃってwww」
ベッドを囲んでる看護婦さん達がみんな目を細めて笑っています。

「恥ずかしくないのぉ?看護婦さんの前でおもらしだってー。
 初診からこれじゃ、先が思いやられるわねー。」

看護婦さん達は代わる代わる、ゴム手袋をはめた手でパッドの盛り具合を確かめます。
「すごいねー」「こんなに出ちゃうんだー」「やだー匂う〜」

「さ、問診は終わりよ。」
その声に弾かれるように、控えていた看護婦さんが内線をとります。

しばらくして現れたのは、看護婦さん2人とストレッチャー。
水色のナース服に防水エプロンで完全装備です。
ストレッチャーも防水シーツで覆われています。

  20150713_8.jpg

「お疲れさまでーす。」「あら、男の子なんですねw」
「この子初めてなんでよろしくお願いしまーす」

ちらっと見えたカルテには「悶診票」と書かれていました。

(続きはこちら

P.S. 拍手ありがとうございます。*を引き締める力がこもります(^^;)

見切り発射6。 | 2015/07/13(月) 22:47:18 | カテゴリ:プレイ日記 | コメント (4)
ユーザータグ:おむつ ナース服 マスク
見切り発射5。
2015/07/10(金) 22:54 プレイ日記
梅雨のはずなのに雨降らない(´・ω・`)

先日の雨ウォーキングでは、信じられないほどの汗をかきました。
帰ってゴムのスイムキャップを脱いだら「ざばー」という感じで垂れてきましたよ。
水分補給すると、まるで体内の水分が1日で全部入れ替わったような感じがします(笑)

さて。

予想外のご好評?をいただいております妄想小説「見切り発射」、
今日はその第5回です。

 ・第1回
 ・第2回
 ・第3回
 ・第4回

前回までのあらすじ
便秘を訴え、とある病院を受診しました。
*を触診した女医さんによって即入院、24時間監視付きの特殊病室に運ばれました。
3色のナース服を着た看護婦さんによる濃厚な看護がさっそく始まりました。
手を使わずに朝食を食べさせてもらったり、2人がかりで巨乳を押しつけて歯磨きしたり…。
入院2日目の朝、いよいよ問診が始まります。

白いナース服と予防衣に身を固めて歯磨きしてくれた、さっきの看護婦さん2人。
「さあ、問診を始めるわよ…」
意地悪っぽく微笑みます。

  20150710_1.jpg

看護婦さんたちはマスクを大きなものに替え、
ゴム手袋も歯磨きの時にはめていたのを外し、少し厚手のものをはめました。
問診するって聞いたのに…なんで?

ブランケットの下はすっぽんぽん。病室に運ばれる時からずっと裸です。
巨乳を押しつけられた時はフルボッキでしたが、不安と緊張ですっかり縮こまってます(^^;)

カルテを目をやりながら問診が始まりました。
「えーと、便秘がひどいのね。どれぐらい出てないの?」
「よくあるの?薬は何か飲んでる?」
「食事や睡眠は不規則なの?」
ひとつひとつ思い出すように、ぼそぼそ答えます。
これから何が始まるのかで頭がいっぱいです。

反応の悪さに業を煮やした看護婦さん、雰囲気を変えるように
「ねぇ♥
 ここ、ちっちゃくなってるじゃないのw さっきの元気はどうしたのかな?」
大きなマスクを着けたまま顔を覗き込みます。
「じゃあ好みのタイプでも聞かせてもらおうかな♪」
(えっ…)

その時ふと「ひやっ」とした感じがしました。
それは少しずつ大きなうねりとなって押し寄せてきます。
まさか…この感じ…

「あれー? どうしたのー?」
…行きたいです。
「え?」
…トイレ行きたいです。
「お腹痛いの?」
…少し。

(ぎゅーごろごろごろ…)
「あらあら〜? 出そうなのぉ?」声が少し大きくなりました。

その声をマイク越しに聞いたガラスの向こうの看護婦さんたちが、一斉に病室に入ってきました。

  20150710_2.jpg

(えっ、何これ…)
いきなりの急展開。まさか全員が入ってくるとは思いませんでした。
大きなベッドをささっと取り囲みます。

「下剤がちゃんと効いたようねw」
添い寝ポーズで問診していた看護婦さんが、マスク越しにささやきます。
「これから毎日、口移しで下剤飲ませてあげるわよ〜。
 問診が終わるまで、もうちょっと我慢してね〜」

もう1人の看護婦さんが耳元でぼそっと、
「この病棟ね、ト イ レ な い の よっ」
「えっ」
思わず声を上げました。それが引き金になるように便意がどんどんこみ上げてきます。
ぎゅーごろごろごろ。
「もうちょっと我慢してみようね〜?」

  20150710_4.jpg 20150710_5.jpg
  「あらあら、もう無理かな♥」

ベッドを取り囲んでいた看護婦さんに目配せをすると、その1人が
近くの台から何かを取り寄せました。

  20150710_6.jpg

(続きはこちら

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

見切り発射5。 | 2015/07/10(金) 22:54:31 | カテゴリ:プレイ日記 | コメント (2)
ユーザータグ:ナース服 マスク
旧い記事