プロファイル
 
Author : 紺 (♂)



最新記事
2019年
最新コメント
全レスします(^^)
<>+-
<> + -
月別アーカイブ
1日→31日の順に表示します
 2019 11  (6)
 2019 10  (19)
 2019 09  (16)
 2019 08  (17)
 2019 07  (12)
 2019 06  (15)
 2015 12  (28)
 2015 11  (27)
 2015 10  (29)
 2015 09  (29)
 2015 08  (27)
 2015 07  (29)
 2015 06  (29)
 2015 05  (31)
 2015 04  (28)
 2015 03  (27)
 2015 02  (27)
 2015 01  (29)
 2014 12  (30)
 2014 11  (28)
 2014 10  (24)
 2014 09  (1)
 2014 08  (28)
 2014 07  (27)
 2014 06  (27)
 2014 05  (28)
 2014 04  (27)
 2014 03  (30)
 2014 02  (25)
 2014 01  (28)
 2013 12  (27)
 2013 11  (27)
 2013 10  (30)
 2013 09  (29)
 2013 08  (30)
 2013 07  (30)
 2013 06  (29)
 2013 05  (30)
 2013 04  (28)
 2013 03  (28)
 2013 02  (29)
 2013 01  (25)
 2012 12  (29)
 2012 11  (28)
 2012 10  (30)
 2012 09  (28)
 2012 08  (29)
 2012 07  (29)
 2012 06  (23)
 2012 05  (28)
 2012 04  (30)
 2012 03  (28)
 2012 02  (27)
 2012 01  (28)
 2011 12  (29)
 2011 11  (28)
 2011 10  (29)
 2011 09  (28)
 2011 08  (30)
 2011 07  (29)
 2011 06  (28)
 2011 05  (30)
 2011 04  (14)
 2011 03  (26)
 2011 02  (17)
 2011 01  (31)
 2010 12  (31)
 2010 11  (28)
 2010 10  (30)
 2010 09  (30)
 2010 08  (30)
 2010 07  (31)
 2010 06  (32)
 2010 05  (30)
 2010 04  (29)
 2010 03  (32)
 2010 02  (27)
 2010 01  (26)
 2009 12  (19)
 2009 11  (9)
 2009 10  (12)
 2009 09  (17)
 2009 08  (23)
 2009 07  (11)
カテゴリ
 
ユーザータグ
 
記事一覧
 
ブログ内 全文検索
 
リンク
 
アダルト系のリンクは
ホームにあります。
SPECIAL THANKS
いつもお世話になっているサイト
メール
 
訪問者数
 
天命待つのみ。
2019/10/28(月) 23:23 もろもろ
今日は、すこし毒を吐きます。

◇ ◇ ◇

ここ20年ぐらいの間に、組織のモラルは格段に向上しました。
世間の声に耳を傾け「常識的な判断をしよう」「フェアな行動規範を持とう」という
意識改革がずいぶん浸透しました。

その端緒は役所だったと思います。
今や公務員の潔癖さは世界が驚くレベルにあります。
職掌柄、そういう場に仕事で出入りする人と話をする機会がよくありますが
彼らの口から「暑中見舞いにうちわ1枚、年末にカレンダー1冊持っていっても
公立機関では頑として受け取ってくれない」とは再三聞き及んでいます。

その影響は当然民間企業に及びます。
「炎上」が問題になる前から、目先の利益や体裁を取り繕うことより
世間的に見てまともな行動をする事こそが自分達のためになると気づきました。
その風はアカデミックな世界にもようやく吹いてきました。

そして時代に取り残されたのは、利益を目的としない組織、
すなわち半官半民のような団体や、特殊法人です。
これら組織のモラルは旧時代のままです。
その頂点に立っているのが東京オリンピックを推進する組織です。

前回の東京開催は1964年。
多感な時期にそれを経験した世代が「自分が生きている間にもう一度東京で」と
ノスタルジー全開でごり押ししたのが今回の招致だと私は感じています。

東京開催のさらに前回は1960年(昭和35年)。
当時、テレビは90%の世帯に普及していました。(出典はここ)
でも衛星中継はまだありませんし、もちろん白黒です。
遠い海の向こうで繰り広げられている競技の行方を知ることができるのは
時間遅れの録画か、ラジオか、新聞だったでしょう。

そんな環境で、リアル感を持って経験した東京オリンピックは
当時10代の人にとって絶大なインパクトがあっただろうと思います。
競技そのものだけでなく、開催に合わせてインフラが整備されたりと
周囲の変化も肌身で感じたであろう事は今回と同じです。

だから当時それを経験した世代が「もう一度」と願うのは理解できなくはありません。
ただそのノスタルジーの為に国民全員に2万5千円も拠出させているのはどうかと。

みなさんは2013年以降「復興特別所得税」という税金を
毎月の給与から抜かれている事をご存じでしょうか。
施行時期と名称からお分かりの通り、東日本大震災の復興財源です。
本来の所得税の2.1%を上乗せして徴収されています。
この上乗せ制度は特別措置法でありながら、あと18年続きます。

復興財源の使い道が妥当かはいろいろ取り沙汰されていますが、
少なくともその特別な財源がまだ必要だというのが国の判断なら
その間はオリンピックなど招致している場合ではない、というのが私の考えです。
それはまるで借金してパチンコしてるようなものだと思うわけです。

告知イベントのたぐいは相変わらず続いていますが
今この段階で開催を知らない人はいるのでしょうか。
いるかもしれませんが、そういう人は知ってもたぶん見ない人です。
それならイベントは全く意味がないのになぜ続けるかといえば
成果を示す必要がない仕事だからです。
予算が付いたらそれを消費する事で仕事をしている気になる人は多いのでしょう。

また今年の夏、東京ではマラソンの大会を行いませんでした。
来夏に無事開催できるか騒がれているにもかかわらず
その検証を行う最後のチャンスをスルーしました。
理由は想像できます。問題が生じたらオリンピックが危うくなるからです。
まともな神経の持ち主なら、ぶっつけ本番なんて怖くてできないのに。

私の経験上、ミスの真の原因が不注意や失念である場合には、さほど大惨事にはなりません。
少なくともリカバーする手段はあります。
ですが情報がふんだんにあり、判断する時間も十分あったのにその判断を誤った場合や、
結論ありきで無理やり進めた場合は、大惨事になることが多いです。
太平洋戦争から福島の核汚染まで。

開催時期が7月24日からと決まっている状況で
都内での開催を推し進めたのが本気なら、脳味噌が煮えているとしか思えません。
百歩譲って「どうしても日本で」というなら、最初から札幌という手もありました。
「夏冬両方いける都市」というアピールはそれなりに大きいでしょう。
そこを抂げて東京にこだわったのは、老害のノスタルジーに過ぎないと思ってます。

日本は人柱が立つか外圧に圧されないと行動を起こさない国なので
せめて今回大失敗して「二度とやらせるか」と世界から指弾される事を願ってます。
少なくとも今回のプロジェクトを推し進めた老害どもにはろくな死に方はさせたくない、
今際の際で「招致すべきではなかった」と後悔させたい、それぐらい憤りを感じています。
大騒動の末に変更された単色のエンブレム、私には喪章に見えるぐらいに。

みなさんはどう思われるでしょうか。

◇ ◇ ◇

明日から木曜までお休みします。

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります。

天命待つのみ。 | 2019/10/28(月) 23:23:07 | カテゴリ:もろもろ | コメント (5)
浮き沈み。
2019/10/19(土) 20:25 もろもろ
昨日、職場の昼飯でコンビニパスタを食べたら
ワインが飲みたくなって仕方なかったです。

豪華なディナーなどなくても、クリームソースとパンさえあれば
ワインはいくらでも飲めそうな気がする私。
昼間のその勢いで仕事帰りにワインを買い、女子通学用レインコート姿で近べろ会場へ突撃。

  20191019_1.jpg
  セブンのワイン「ヨセミテロード」。

このワイン、ラベルに騙されたかと思うほど意外な旨さがあります。
セブンの商品やサービスは最近騒がれているように「なんだかなあ」と思うものばかりですが
このワインだけはおすすめです。小さいボトルもありますよ。

すでに出来上がっていた面々、特に女装を咎められる事もなく
そのまま日付が変わるまで飲んでました。
今日は見事な二日酔い(・∀・)

話は変わるようで変わらないのですが、

  20191019_2.jpg
  ソフィのナプキン「超熟睡極上フィット」。

このナプキン、暑い季節の実用ナプキンとして永らく愛用してますが、
どうも半年ぐらい前にマイナーチェンジしたらしく、以前より蒸れるようになりました。
パッケージに変化はなく「気のせいかな?体調のせいか?あるいは猛暑のせい?」と思ってましたが
部屋の中でカッパを着る季節になっても蒸れるので、やっぱり品質が落ちてるようです。

  20191019_3.jpg

今はこれをメインにしてます。
クリニクスほどではないものの、400mmらしいボリューム感が好き(・∀・)
股間に常に感じる異物感は何にも代え難いですね。

品質といえば、

  20191019_4.png
  ライオンの歯ブラシ「ビトイーン」。

もう15年ぐらいこればかり使ってます。
一時期、誰にでも分かるレベルで品質が落ちたことがありましたが
(離型剤が取りきれてない、ブラシの劣化が早い)
徐々に品質は向上し、元のレベルまで戻りました。
生産拠点を中国?へ移した時と、その後の努力が製品に現れているのでしょう。

  20191019_5.jpg
  リーマン直後の超円高の時期に買ったコクヨのペーパーカッターは
  離型剤がぬるぬるだわ、刃に塗布した油が全体を汚しているわで
  分解してエタノールで拭かないと使えない代物でした。今はどうなんだろう。

こうして見ると、値段と品質は必ずしも比例しないというか
その時々の状況でころころ変わりうるものなんだなと
純日本製の女子通学用レインコート(品質はめっちゃ良い)に身を包んで思いに耽りました。

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

浮き沈み。 | 2019/10/19(土) 20:25:36 | カテゴリ:もろもろ | コメント (2)
体制を整える。
2019/10/13(日) 11:20 もろもろ
台風19号の被害があちこちで出ているようで。

当地は風雨はさほど強くはなく、昨夜は普通にウォーキングしましたが
今朝起きてTVをつけたら、近くを流れる川の上流域で氾濫の危険が。

私の住んでいる地域はまだ避難関連の情報は出ていませんが
国土交通省や河川事務所のサイトで水位をリアルタイムで注視しています。
いま水位は微妙に増減を繰り返しており、油断ならない状況です。

すっかり失念していたのは、上流に雨が降ったら
下流が増水するまでにタイムラグがあるという事です。
台風が過ぎ去ったら半ば安心してました。
時折晴れ間も見えて「午後から洗濯しようか」と思ってたぐらいです。

ニュースで知って家の前の土手に登って川を見たら、
河川敷全体はまだ地面が見えていましたが、そこから一段低くなった川べりは水没。

今回知ったのは、堤防は左右で高さが異なること。
どちらを先に溢れさせるかという優先度にしたがって造られているのですね。
左岸が街で右岸が郊外の場合、右岸側が低くなっているようです。

とりあえず貴重品をまとめ、いつでも避難できる体制を整えました。
今晩もう一度更新する予定ですが、なかったら近所の中学校へ避難したと思ってくださいませ。

中学校へ避難するなら女子通学用レインコートで行くべきか迷います。
そういう状況なら誰も咎めないでしょう。

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります。

体制を整える。 | 2019/10/13(日) 11:20:21 | カテゴリ:もろもろ | コメント (4)
いいなあ。
2019/09/13(金) 23:49 もろもろ
今週も3泊出張から帰ってきましたよ。

中秋の名月ですね。
わが家は桜とか花火はあまり見えませんが、月見には絶好のロケーション。
カメラの広角側で撮っても見切れないぐらい一面の空が広がってます。
満月の下を歩いて帰ってきたら「空が広い」ではなく「空がでかい」と思いました。

昼はエアコンが必要な程度には暑いのに
この時間になると外はもう半袖では寒いぐらい。
スーツの上着を着て歩いても暑さを感じなくなったら
変態ウォーキングでスキーウェアを着ても大丈夫、というのが私の物差しです。

さて。
今日は帰りが遅かったのでちょこっとだけ。

同僚(男)が職場結婚すると聞きました。
相手は10歳上のおねーさん(・∀・)
いわゆる結婚適齢期から片足はみ出してる人ですが、妙に色気がある人。
結婚すると聞いて「えへへ、いいなあ(^^)」と思いました。
心から祝福するってこういう事なんだなと再認識しましたよ。

ちなみにデキ婚ではないそうです。
「それなら計画的犯行やんけw」とすかさず突っ込みを入れましたよ。
年下男をつかまえるお姉さんの心境は想像するだけで楽しくなります。

二人に幸あれ。
うちも8歳差です。

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

いいなあ。 | 2019/09/13(金) 23:49:55 | カテゴリ:もろもろ | コメント (3)
傘がない。
2019/08/24(土) 23:05 もろもろ
涼しい。

「最低30℃!最高40℃!」みたいな先週から
最低21℃最高29℃ぐらいまで下がると、ずいぶん違いますね。
エアコンいらないどころか、扇風機に当たってると肌寒いぐらい。
そろそろ変態ウォーキング再開です。

さて。

昨日はお休み失礼しました。
いつものように長距離バスに乗って帰り、最寄りのバス停で降りようとした時
ヘッドホンのケーブルがシートベルトに絡まったのであります。
バスには珍しく3点式シートベルト装備。外したらケーブルも巻き込まれてしまいました。

「やばいw 降りれんw」

なんとか解き、慌てて降りましたよ。
勢いよく走り去るバス。
やれやれ。

「あ」

車内にを忘れましたよ。
ヘッドホンに気を取られて。

  20190107_1.jpg
  姉にもらった大切な傘であります。

いかん。取り返さねば。

とはいえ徒歩で追いつけるはずもなく
終点の営業所に電話。
(冬は毎日運行状況を確認するため、電話番号は携帯に登録済)

 電「ぷるるるる」
 紺「かくかくしかじか。黒×赤の傘、取り置き願いたく候」
 営「明日は乗らぬか。乗るなら持って参るぞ」
 紺「通勤で乗るバスゆえ、土日は乗り申さぬ」
 営「あい分った。然らば後刻」

さすがに「月曜朝の便に積んで来て」とは言えず、取りに行くことに。
家まで歩いてタッチ&ゴーで車に乗り換え
長距離バスの終点まではるばる行って来ましたよ。
乗り過ごして行ったことのある土地ですが、持ち物だけ行ってしまったのは初めて(^^;)

それほどまでに大切な傘なんであります。姉スキーの私としては。

みなさまも忘れ物にはご注意召され。
忘れるとは思ってない時に忘れます。当たり前ですが。

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

傘がない。 | 2019/08/24(土) 23:05:52 | カテゴリ:もろもろ | コメント (0)
ユーザータグ:
旧い記事