プロファイル
 
Author : 紺 (♂)



音楽ブログ(エロなし)

最新記事
2020年
最新コメント
全レスします(^^)
<>+-
<> + -
月別アーカイブ
1日→31日の順に表示します
 2020 07  (19)
 2020 06  (19)
 2020 05  (22)
 2020 04  (13)
 2020 03  (19)
 2020 02  (15)
 2020 01  (19)
 2019 12  (15)
 2019 11  (8)
 2019 10  (19)
 2019 09  (16)
 2019 08  (17)
 2019 07  (12)
 2019 06  (15)
 2015 12  (28)
 2015 11  (27)
 2015 10  (29)
 2015 09  (29)
 2015 08  (27)
 2015 07  (29)
 2015 06  (29)
 2015 05  (31)
 2015 04  (28)
 2015 03  (27)
 2015 02  (27)
 2015 01  (29)
 2014 12  (30)
 2014 11  (28)
 2014 10  (24)
 2014 09  (1)
 2014 08  (28)
 2014 07  (27)
 2014 06  (27)
 2014 05  (28)
 2014 04  (27)
 2014 03  (30)
 2014 02  (25)
 2014 01  (28)
 2013 12  (27)
 2013 11  (27)
 2013 10  (30)
 2013 09  (29)
 2013 08  (30)
 2013 07  (30)
 2013 06  (29)
 2013 05  (30)
 2013 04  (28)
 2013 03  (28)
 2013 02  (29)
 2013 01  (25)
 2012 12  (29)
 2012 11  (28)
 2012 10  (30)
 2012 09  (28)
 2012 08  (29)
 2012 07  (29)
 2012 06  (23)
 2012 05  (28)
 2012 04  (30)
 2012 03  (28)
 2012 02  (27)
 2012 01  (28)
 2011 12  (29)
 2011 11  (28)
 2011 10  (29)
 2011 09  (28)
 2011 08  (30)
 2011 07  (29)
 2011 06  (28)
 2011 05  (30)
 2011 04  (14)
 2011 03  (26)
 2011 02  (17)
 2011 01  (31)
 2010 12  (31)
 2010 11  (28)
 2010 10  (30)
 2010 09  (30)
 2010 08  (30)
 2010 07  (31)
 2010 06  (32)
 2010 05  (30)
 2010 04  (29)
 2010 03  (32)
 2010 02  (27)
 2010 01  (26)
 2009 12  (19)
 2009 11  (9)
 2009 10  (12)
 2009 09  (17)
 2009 08  (23)
 2009 07  (11)
カテゴリ
 
ユーザータグ
 
記事一覧
 
ブログ内 全文検索
 
リンク
 
アダルト系のリンクは
ホームにあります。
SPECIAL THANKS
いつもお世話になっているサイト
メール
 
訪問者数
 
或る旅。
2013/01/27(日) 23:21 もろもろ
昨日はお休みしてしまいすみませんでした。

今日のお話は、ちょっと気分が滅入るかもしれません。
あ、私や家族に何かあったわけでも、トラブった訳でもありません。
ウォーキングもしてますよ。

ようやく気持ちの整理がついたので、チラ裏ですが書き殴らせてください。
ここでしか書けないこともあるということで。
(月曜の朝からは読まないほうがいいかもしれません)

P.S. 拍手ありがとうございました。
  記事:明日に架ける橋。
     いつかきっと。



いつもここをご覧くださってる方はお分かりかと思いますが、
私はとある医療施設で働いています。
職掌柄、職場で知り合いに出会うという事は、なるべくあって欲しくない事です。

私には幼馴染みがいました。
Nちゃんという女の子です。
幼稚園の年長組から中学2年生まで、偶然にも同じクラスでした。

特に異性として好きとか、そういう感情を抱いたことはありませんが、
気がつくと、いつもそばにいました。男女の垣根なく良い友達でした。
お互いに何を考えてるかは、顔を見ればなんとなく分りました。

私は中学2年の冬に、クラスの女の子ほとんどからシカトされたことがあります。
(今考えても心当たりはまったくない)
そんな時でもNちゃんは普通に接してくれました。

その後、クラスが別になり高校も別になり、
特に甘酸っぱい思い出もなく、再会することもありませんでした。

数年前に、小学校の同窓会がありました。
当時校庭に埋めたタイムカプセルを掘り出すとかで、結構大掛かりだったようです。
(私は仕事で行けなかった)
それに参加した別の同級生から「Nちゃんは同じ苗字の人と結婚して
今もNちゃんだよ」と聞きました。それすら知らなかった私。
あー、懐かしいなー。今頃どうしてるかなー。
余談ですが、某女芸人と同姓同名なので、その名前を聞くたび、気にはなってました。

ある日、私は職場でいつものように仕事をしてました。
とある検査室に運ばれてきた患者さん。
着いたらまず、機械にインプットするために検査票を見ます。


見覚えのある名前。


まさか、同姓同名だよな、よくある名前だし、そもそも(地元は)隣県じゃないか…と
生年月日を見たら、動揺は確信に変わりました。
誕生日、思い出しました。私と1日違い。

個人情報を扱う仕事をしている方ならお分かりかと思いますが、
同姓同名で性別、生年月日まで一緒という人は、同じエリアにはまずいません。

検査の結果は、そんな気持ちに追い討ちをかけるものでした。
こっそり大泣きしました。
その後のことはほとんど覚えてません。

この仕事に就いていなかったら…と悔やむ反面、
いつかこういう事があることも、なんとなく分ってました。


昨年の暮れ、小さな旅をしてきました。
思い出の場所を迷いつ辿りつ見てきました。
そこには、気づかないうちに流れてしまった時間の跡だけがありました。

こんな事になるなら、あの時もっといろんな話をしておけばよかった。
それで運命を変えられるなら。そういう時間は十分すぎるほどあったのに。

これからは、そういう思いをなるべくしなくてすむようにしようと思いました。
或る旅。 | 2013/01/27(日) 23:21:14 | カテゴリ:もろもろ | コメント (4)
コメント
RR
2013/01/28(月) 09:18:18  URL 編集
やりきれないお話ですが、紺さんのやさしさが伝わってきました。そのような形での再会はつらいですが、もう一度会えるよう導かれたのかもしれません。お二人や同じ境遇の方々のためにお祈りします。
私も昨日ウォーキングしてきました。先週は暖かい日の日中だったので10分もすれば汗が溜まってぐちゃぐちゃ鳴り始めましたが、昨日は寒い夜だったので45分目にようやく、というところでした。
omu
2013/01/28(月) 11:29:40  URL 編集
こんにちは
以前、私は高校を卒業して東京の専門学校に行きました。
そこで出来た親友。バイトも一緒でした。とても仲良くしてたんですが、専門学校を卒業し私は故郷で就職。
その後、1ヶ月ぐらいでその親友は通勤途中にバイク事故で亡くなりました。

私が26歳の時、同じ職場で出来た親友は自分で自分の命を絶ちました。

とてもとても大泣きしたのを覚えています。

自分ではどうにも出来ない事があります。死はとても身近にあるんです。
十分悔やんだら、もう自分を責めないでくださいね。

pepe  #njhVy7ak
2013/01/28(月) 21:48:16  URL 編集
辛いですね。
同級生だと打ち明けました?
でもお相手もいるんですね。
そうだとしたら見守ってあげてるだけでも充分だと思います。
泣いたあとは笑いましょう。
いずれみんなが通る道ですから
紺  #eK1KoZmQ
2013/01/28(月) 23:34:28  URL 編集
RRさん、omuさん、pepeさんこんにちわ。
暖かいコメントありがとうございます(_o_)
週明けいきなりこんな記事ですみませんでした。

◆RRさん

導いてくれた…んでしょうかね…。
今までずっと同じような光景を職場で目にしていたのに
いざ「当事者」になってみると、こんなに切ないものだとは思いませんでした。

ウォーキング楽しんでいるようですね。
気温の違いを肌で感じているようで、親近感が湧きます(^^;)
そういうのを実感すると、寒い日がどんどん楽しみになりますよ。
私もスキーウェアを1着にしたり2着にしたり、変化をつけてます。

◆omuさん

ふだんのコメントからはうかがい知れない(失礼)思いを
たくさんしてるんですね。突然の事、察して余りあります。

> 自分ではどうにも出来ない事があります。

そうですね、そうなんですよね。
なかなか受け入れがたい事ではありますが、本当にその通りだと思いました。

◆pepeさん

打ち明けようかずいぶん悩みましたが、伏せました。
たぶん向こうも気づいてなかったと思います。完全装備ですし。
私の仕事はお客さんから見れば裏方で、名乗って接する立場ではないのと
そもそも「そんな境遇で『再会』したいだろうか?」って考えたら
自信を持ってyesとは言えませんでした。

> そうだとしたら見守ってあげてるだけでも充分だと思います。
> 泣いたあとは笑いましょう。
> いずれみんなが通る道ですから

そうですね。そうします。
コメントの投稿

※他のサイトに同じ内容が投稿されている場合は、内容に関わらずスパムと判断します。
 悪しからずご了承くださいませ。
 
非公開 非公開コメントとは?
  ※非公開にすると修正・削除できません。
  ※非公開コメントで返信が必要な場合は、メールアドレスをご記入ください。