プロファイル
 
Author : 紺 (♂)



音楽ブログ(エロなし)

最新記事
2020年
最新コメント
全レスします(^^)
<>+-
<> + -
月別アーカイブ
1日→31日の順に表示します
 2020 07  (19)
 2020 06  (19)
 2020 05  (22)
 2020 04  (13)
 2020 03  (19)
 2020 02  (15)
 2020 01  (19)
 2019 12  (15)
 2019 11  (8)
 2019 10  (19)
 2019 09  (16)
 2019 08  (17)
 2019 07  (12)
 2019 06  (15)
 2015 12  (28)
 2015 11  (27)
 2015 10  (29)
 2015 09  (29)
 2015 08  (27)
 2015 07  (29)
 2015 06  (29)
 2015 05  (31)
 2015 04  (28)
 2015 03  (27)
 2015 02  (27)
 2015 01  (29)
 2014 12  (30)
 2014 11  (28)
 2014 10  (24)
 2014 09  (1)
 2014 08  (28)
 2014 07  (27)
 2014 06  (27)
 2014 05  (28)
 2014 04  (27)
 2014 03  (30)
 2014 02  (25)
 2014 01  (28)
 2013 12  (27)
 2013 11  (27)
 2013 10  (30)
 2013 09  (29)
 2013 08  (30)
 2013 07  (30)
 2013 06  (29)
 2013 05  (30)
 2013 04  (28)
 2013 03  (28)
 2013 02  (29)
 2013 01  (25)
 2012 12  (29)
 2012 11  (28)
 2012 10  (30)
 2012 09  (28)
 2012 08  (29)
 2012 07  (29)
 2012 06  (23)
 2012 05  (28)
 2012 04  (30)
 2012 03  (28)
 2012 02  (27)
 2012 01  (28)
 2011 12  (29)
 2011 11  (28)
 2011 10  (29)
 2011 09  (28)
 2011 08  (30)
 2011 07  (29)
 2011 06  (28)
 2011 05  (30)
 2011 04  (14)
 2011 03  (26)
 2011 02  (17)
 2011 01  (31)
 2010 12  (31)
 2010 11  (28)
 2010 10  (30)
 2010 09  (30)
 2010 08  (30)
 2010 07  (31)
 2010 06  (32)
 2010 05  (30)
 2010 04  (29)
 2010 03  (32)
 2010 02  (27)
 2010 01  (26)
 2009 12  (19)
 2009 11  (9)
 2009 10  (12)
 2009 09  (17)
 2009 08  (23)
 2009 07  (11)
カテゴリ
 
ユーザータグ
 
記事一覧
 
ブログ内 全文検索
 
リンク
 
アダルト系のリンクは
ホームにあります。
SPECIAL THANKS
いつもお世話になっているサイト
メール
 
訪問者数
 
顛末。
2010/03/05(金) 22:59 プレイ日記
夕べは予告通り、スイムキャップを被って行きましたよ。

天気は風雨でした。
風が強い一方、雨はそれほどでもなくちょっと期待はずれ。

で、スイムキャップの効果はというと…効果大。
狙い通り、メガネの曇り防止にかなり役立ちます。
1時間半も歩いてれば最終的には曇ってくるのですが(首筋から立ち上る熱気などで)、
曇り始めるまでの時間が15分→40分に延びました。
その後も曇りが薄く、クリーンな視界を確保できました。
また額からの汗が垂れることもまったくなくなりました。
手放せないアイテムになりそうです。

ところで昨日、マスクにチューニングを施しました。
もっと息苦しくしてマゾ感を高めたくなったのです。

具体的には、
 1.生地の合わせ目を目張りする。
 2.ノーズワイヤーの曲がり具合を修正してフィット感を増す。
 3.当てガーゼに綿ジャージを導入。
の3本です。んがぐぐ。

ええと(^^;)

まず目張りについて。

  rt059.jpg

拘束防水マスク3号の裏側です。
「超立体マスク」と同様、左右を貼り合わせた構造なので、中央に合わせ目があります。
ここから若干の空気の出入りがあります。

この隙間を「ナイロン補修シート」で目張りしました。

A1210_I1.jpg

凹面に貼るのは難しいですね。見えないからいいけど(^^;)

次にノーズワイヤーの曲がりを修正しました。ペンチで(笑)。
このマスクに入ってるワイヤーはスチール製で硬いんですよ…。
ワイヤーって使ってるうちに「鼻にフィットさせよう」と押しつけるうちに
どんどん鼻の凸形の部分が尖っていくんですね。するとその頂点から空気が漏れるんです。
一度まっすぐに戻して、顔にあてがいながら徐々に”再形成"します。
まるでメガネのフレームを調整するかのように、当たりムラを確認しながら。

最後に当てガーゼに綿ジャージを導入です。
これは着用感というよりコスト的な問題の解決です(笑)。

先般ご紹介したように、当てガーゼはこれをメインに使ってるんですが、

  he1199.jpg

これは単なる畳んだガーゼで洗濯がきかないので
(洗うとへろへろにほどけてしまい、きれいに畳むのが難しい)
せこい話ですがもったいないです。
毎日ウォーキングすると週に2パック消費するので。

そこで手芸店で買ってきた生地(綿ジャージ)を
適当な大きさに畳んでマスクの中に敷いてみました。
厚めの布なので畳む回数が少なく、洗濯→再利用も可能。布おむつのノリに近いです。
ガーゼより織り目が詰んでるので、息苦しくなりそう(わくわく)

と、ここまでやってウォーキングへ行きましたよ。
そしたら…

ぐ、ぐるじい…。

空気取り入れ口がほとんどないマスクになってしまいました(爆)
目張りが効いてるようです。
息を吐くことはできても、吸うことができない
大きく息をすると、マスク全体がバシッ!と貼り付きます。
あわてて左右から指を突っ込み、気道を確保…。
ぜぇぜぇぜぇ。

家で支度してる時も、なんか苦しいなとは思ってたんですよ(笑)

ゆっくりゆっくり歩くうちに、徐々に体が慣れてきましたが、
いつものように腕を振って早足で歩くなんてとてもできませんでした。
ああ恐ろしかった…。

せっかくの雨でしたが、それを堪能する余裕はありませんでした。
いつまで酸素が続くか気がかりで…。

今日もこれから行ってきますが、かすかに恐怖心を覚えてます(笑)
少しデチューンしないと…

顛末。 | 2010/03/05(金) 22:59:10 | カテゴリ:プレイ日記 | コメント (0)
ユーザータグ:マスク
コメントの投稿

※他のサイトに同じ内容が投稿されている場合は、内容に関わらずスパムと判断します。
 悪しからずご了承くださいませ。
 
非公開 非公開コメントとは?
  ※非公開にすると修正・削除できません。
  ※非公開コメントで返信が必要な場合は、メールアドレスをご記入ください。