プロファイル
 
Author : 紺 (♂)



音楽ブログ(エロなし)

最新記事
2020年
最新コメント
全レスします(^^)
<>+-
<> + -
月別アーカイブ
1日→31日の順に表示します
 2020 08  (1)
 2020 07  (19)
 2020 06  (19)
 2020 05  (22)
 2020 04  (13)
 2020 03  (19)
 2020 02  (15)
 2020 01  (19)
 2019 12  (15)
 2019 11  (8)
 2019 10  (19)
 2019 09  (16)
 2019 08  (17)
 2019 07  (12)
 2019 06  (15)
 2015 12  (28)
 2015 11  (27)
 2015 10  (29)
 2015 09  (29)
 2015 08  (27)
 2015 07  (29)
 2015 06  (29)
 2015 05  (31)
 2015 04  (28)
 2015 03  (27)
 2015 02  (27)
 2015 01  (29)
 2014 12  (30)
 2014 11  (28)
 2014 10  (24)
 2014 09  (1)
 2014 08  (28)
 2014 07  (27)
 2014 06  (27)
 2014 05  (28)
 2014 04  (27)
 2014 03  (30)
 2014 02  (25)
 2014 01  (28)
 2013 12  (27)
 2013 11  (27)
 2013 10  (30)
 2013 09  (29)
 2013 08  (30)
 2013 07  (30)
 2013 06  (29)
 2013 05  (30)
 2013 04  (28)
 2013 03  (28)
 2013 02  (29)
 2013 01  (25)
 2012 12  (29)
 2012 11  (28)
 2012 10  (30)
 2012 09  (28)
 2012 08  (29)
 2012 07  (29)
 2012 06  (23)
 2012 05  (28)
 2012 04  (30)
 2012 03  (28)
 2012 02  (27)
 2012 01  (28)
 2011 12  (29)
 2011 11  (28)
 2011 10  (29)
 2011 09  (28)
 2011 08  (30)
 2011 07  (29)
 2011 06  (28)
 2011 05  (30)
 2011 04  (14)
 2011 03  (26)
 2011 02  (17)
 2011 01  (31)
 2010 12  (31)
 2010 11  (28)
 2010 10  (30)
 2010 09  (30)
 2010 08  (30)
 2010 07  (31)
 2010 06  (32)
 2010 05  (30)
 2010 04  (29)
 2010 03  (32)
 2010 02  (27)
 2010 01  (26)
 2009 12  (19)
 2009 11  (9)
 2009 10  (12)
 2009 09  (17)
 2009 08  (23)
 2009 07  (11)
カテゴリ
 
ユーザータグ
 
記事一覧
 
ブログ内 全文検索
 
リンク
 
アダルト系のリンクは
ホームにあります。
SPECIAL THANKS
いつもお世話になっているサイト
メール
 
訪問者数
 
ぜんぶ雪のせいだ。
2014/02/16(日) 22:12 プレイ日記
昨日は失礼しました。
のほほんとブログを書いてたら、やな予感のする電話が。うへぇ。
太平洋側のような豪雪でなかったのが不幸中の幸いです。

それにしても雪ひどいですね。

  20140216_1.jpg 20140216_2.jpg 20140216_3.jpg
  (拾い画像)

普段まったく積もらない山梨ではこんなだったそうで。

  20140216_4a.jpg 20140216_5.jpg

道路に人力で道を造ってますね。
雪には慣れてるはずの私でも、この光景にはびっくりです。
ここまで積もってしまったらどんな機動力でも歯が立ちません。

特に凄かった甲府の様子をプロットしてみました。

  weather20140216.png

一晩で60cmぐらい増えてますね…当地でもこんな勢いは滅多にないです。
14日の午後、40cmを超えたあたりで「やべっ」と焦り始めますよ。

  20110110_1.jpg

雪国ではこんな除雪車が大活躍します。
土木工事用のホイールローダーにタイヤチェーンを巻いて、
路面の雪をガーッと押して、積んでも支障ない所まで持って行ってくれます。
(建設業者が市町村から委託されている)

なるべくたくさん削れるようバケットは地面スレスレに下げるんですが、
マンホールなどの突起物を避ける必要があり、操縦は難しいようです。
こんな重機が未明の住宅地でうぉんうぉんと唸りを上げるのが雪国の日常です。
15cmぐらい積もったら出動しますよ。(普通の車がスタックせず走れるかが基準)
それが当たり前になっている当地からすると、山梨の風景はガクブルものです。

さて。

昨日は当地も猛吹雪。
気温がわりと高くて、積もった瞬間べしょべしょに融けるぐらいの素晴らしい雪(笑)
そんな中、重装備でウォーキングへGO!(・∀・)

  20130306_0.jpg20140216_6.jpg20130224_1.jpg20131204_1.jpg20140121_1.jpg
ダイビング
フード
ゴム手袋防水ソックスウェット
スーツ
ロング丈
レインブーツ

もう、全身がゴム。全部ゴム。

  20130814_8a.jpg
  この上にスキーウェアとレインスーツを着てギッチギチに拘束します(*´д`*)ハァハァ
  体感気温は29℃ぐらい。

ウェットスーツの中はこれです。

  20140216_7.jpg
  写真には写ってませんが、飲むゼリーを湯煎中。

ゼリーを*に注入し、ゴムを被せたタンポンを挿入しますよ。
タンポンは完全に押し込むのではなく、*でくわえるようにします。
こうすると異物感がずっと味わえるんですね。

ウェットの中はこれだけで、下着はつけません。
というわけで普通の服をまったく着ない恰好で外へ出ますよ。

…めちゃくちゃ息苦しい(^^;)
ダイビングフードは頬を両側からぴっちり覆うので、マスクにこもった呼気が抜けません。

  20131213_1.jpg

迫り来る便意を味わいながら、マスクを取ろうか逡巡すること100m。
意を決して取ることに。命には替えられません(笑)

あきらめたのは良いのですが、
マスクを取るにはダイビングフードを脱がなくてはいけません。
そしてフードの根元はウェットスーツの中です。
ウェットスーツの上にはスキーウェアとレインスーツ×3。
…どうやってマスクを取れと orz

結局、フードの開口部からなんとか頭を出して取りました。
手袋を3枚はめた状態でするのはクレーンゲーム並みの難易度でしたよ。

もう力尽きてぐったりです。*からはゼリーがだだ漏れ。
最後のほうは普通のウンチが出てたような気します(笑)

今回は久々に厳しいウォーキングでした。全身ゴム姿、あなどれません。
家の中でプレイする時とは別の安全基準で考えないといかんですね。

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)
  記事:(無題)×2
     ワイヤリング。×3
     可能性は無限大。×3

ぜんぶ雪のせいだ。 | 2014/02/16(日) 22:12:06 | カテゴリ:プレイ日記 | コメント (4)
ユーザータグ:マスク おむつ ウェットスーツ
コメント
ALT  #ZorByAzw
2014/02/17(月) 19:45:27  URL 編集
こんばんは ALTです。

限界ウォーキングお疲れ様です。趣味とはいえ命がけですね。

1都8県が雪に制圧されていますよ。多摩地区も例外ではないです。
性癖とは関係なく「普通じゃない」服が一そろい欲しい気分ですよ。
スキーウェアを引っ張り出して着ている人を何人か見ましたからね。
服といえば、ソチ五輪に参加している一部のクロカンの選手が
半そでやノースリーブですよ。
ウィンタースポーツのユニホームとは思えないですよ。
ソチが比較的温暖とはいえ、ものすごい光景だなと思いました。
日本に降った雪を少しでもソチにあげたいです。
紺  #eK1KoZmQ
2014/02/17(月) 23:31:28  URL 編集
ALTさんこんにちわ。いつもコメントありがとうございます。

命がけ(^^;)
そこまでリスクを冒すつもりはなかったのですが、
一度外へ出てしまうと、対応できる範囲はうんと狭まりますね。

関東地方、山を背にした地域は大変な状況のようですね。
ここまで一気に積もってしまうと、服だけでは太刀打ちできないと思いました。
雪を踏みしめられるだけのフットウェアと機動力が必要なようで。

オリンピックのユニフォームは私も注目しています。
ジャンプのスーツとか、スピードスケートのとか。
半袖はカーリングだけかと思ったら、クロカンもですか。知りませんでした。
ソチの気温の高さにはびっくりです。
あれで開催できるならどこでもいいじゃん(^^;)って思いました。
もう少し降るべき所へ降ってほしい感じですね。
omu  #0iyVDi8M
2014/02/18(火) 09:19:59  URL 編集
こんにちは
なるほど、タンポンを全部入れるのではなく途中まで挿入するのですね。
勉強になります(^^)
以前、後先考えずに浣腸しそのままタンポンを挿入しました。
腸内でグリセリンを吸い込んだタンポンが出てこなくて大変な思いをしたことがあります(^^;)
それ以来、タンポン恐怖症になりナプキン派になりました(笑)
コンドームとタンポン、ゼリーで今度やってみようと思います。
ちなみに紺さんこの時は写真から見ると、*→コンドーム→ゼリー→コンドーム→タンポン→オムツ着用の順ですか?
紺  #eK1KoZmQ
2014/02/18(火) 22:46:34  URL 編集
omuさんこんにちわ。いつもコメントありがとうございます。

タンポンは巨大化しますし(笑)、表面の摩擦が想像以上に大きいので
素のままで入れると出す時に地獄を見ます(^^;)
ゴムを被せるのはその対策なんですね。
何も吸収させないのは本末転倒だとは思いますがw

> ちなみに紺さんこの時は写真から見ると、*→コンドーム→ゼリー→コンドーム→
> タンポン→オムツ着用の順ですか?

ゼリー注入 → コンドームを被せたタンポンを挿入 → オムツ着用 ですね。
もう1枚のコンドームは普通に竿に被せます。

オムツとコンドームを併用する理由は
ひとつは潤滑のため、そしてもうひとつは
オシッコした時、上向きの竿から「噴水」にならないようにするためです。
(根元から流れ出る → オムツの中央部で吸収)
実際に使ってみると分りますが、オムツと相性いいですよ。
コメントの投稿

※他のサイトに同じ内容が投稿されている場合は、内容に関わらずスパムと判断します。
 悪しからずご了承くださいませ。
 
非公開 非公開コメントとは?
  ※非公開にすると修正・削除できません。
  ※非公開コメントで返信が必要な場合は、メールアドレスをご記入ください。