プロファイル
 
Author : 紺 (♂)



音楽ブログ(エロなし)

最新記事
2020年
最新コメント
全レスします(^^)
<>+-
<> + -
月別アーカイブ
1日→31日の順に表示します
 2020 07  (19)
 2020 06  (19)
 2020 05  (22)
 2020 04  (13)
 2020 03  (19)
 2020 02  (15)
 2020 01  (19)
 2019 12  (15)
 2019 11  (8)
 2019 10  (19)
 2019 09  (16)
 2019 08  (17)
 2019 07  (12)
 2019 06  (15)
 2015 12  (28)
 2015 11  (27)
 2015 10  (29)
 2015 09  (29)
 2015 08  (27)
 2015 07  (29)
 2015 06  (29)
 2015 05  (31)
 2015 04  (28)
 2015 03  (27)
 2015 02  (27)
 2015 01  (29)
 2014 12  (30)
 2014 11  (28)
 2014 10  (24)
 2014 09  (1)
 2014 08  (28)
 2014 07  (27)
 2014 06  (27)
 2014 05  (28)
 2014 04  (27)
 2014 03  (30)
 2014 02  (25)
 2014 01  (28)
 2013 12  (27)
 2013 11  (27)
 2013 10  (30)
 2013 09  (29)
 2013 08  (30)
 2013 07  (30)
 2013 06  (29)
 2013 05  (30)
 2013 04  (28)
 2013 03  (28)
 2013 02  (29)
 2013 01  (25)
 2012 12  (29)
 2012 11  (28)
 2012 10  (30)
 2012 09  (28)
 2012 08  (29)
 2012 07  (29)
 2012 06  (23)
 2012 05  (28)
 2012 04  (30)
 2012 03  (28)
 2012 02  (27)
 2012 01  (28)
 2011 12  (29)
 2011 11  (28)
 2011 10  (29)
 2011 09  (28)
 2011 08  (30)
 2011 07  (29)
 2011 06  (28)
 2011 05  (30)
 2011 04  (14)
 2011 03  (26)
 2011 02  (17)
 2011 01  (31)
 2010 12  (31)
 2010 11  (28)
 2010 10  (30)
 2010 09  (30)
 2010 08  (30)
 2010 07  (31)
 2010 06  (32)
 2010 05  (30)
 2010 04  (29)
 2010 03  (32)
 2010 02  (27)
 2010 01  (26)
 2009 12  (19)
 2009 11  (9)
 2009 10  (12)
 2009 09  (17)
 2009 08  (23)
 2009 07  (11)
カテゴリ
 
ユーザータグ
 
記事一覧
 
ブログ内 全文検索
 
リンク
 
アダルト系のリンクは
ホームにあります。
SPECIAL THANKS
いつもお世話になっているサイト
メール
 
訪問者数
 
発芽。
2015/08/19(水) 23:42 プレイ日記
お暑うございます。

  20150819_1.jpg

今晩は結構涼しくて、扇風機つけてると肌寒いぐらいです。
あーこれはウェットスーツ余裕ですわ。
トライアスロン用の薄いやつならウォーキングに着て行けそうです。

さて。

メッツさんからいただいたコメントを読んで、いろいろ思うところがありました。
このブログで紹介しているようなプレイを「完璧にコピー」というくだりを読んで
ちょっとしたカルチャーショックでしたよ(^^;)
そんなふうに捉えてくれる人がいるなんて思いもしませんでした。

ふと考えてみましたよ。
カッパとスキーウェアを重ね着して、顔も完全に覆い、雨雪の中を歩く…という行為を
誰かがやったとしたら、果たして同じ幸せを味わっていただけるだろうか?と。

防護力の高さがもたらす楽しさは確かにあります。
どしゃ降りの中を傘もささずに手ぶらで歩いて「おーすげぇ全然濡れない」って感動はありますし、
全身をくまなく包む(目しか見えてないw)感触は、包まれフェチの方にはおすすめです。

でも、私がそこに見いだす楽しさの根本を掘り下げて考えると
やっぱり小さい頃からの思い入れが影響してるのは否定できません。

私はずっと日本海側で育ったので、冬は毎日雪です。(ときどき雨)
当時の子供は基本的に外で遊ぶので、そんな季節に外で遊ぼうとすれば
必然的にこの恰好になりますよ。

  20150819_2.jpg
  学校へ行くときももちろん。

どこへ行っても雪の山、近所で転げ回って遊んでました(笑)
本当に転げ回ってたんです。
屋根の上からダイブしたり、地べたにぺたんと座ったり。
雪のない季節だったらあっという間に泥だらけですが、
ウェアに身を包んで雪の上ならぜんぜん平気ですね。
冷たい思いをすることはなく、ウェアの中はほこほこムレムレでした。

  20150819_3.jpg

ボールプールってありますよね。
以前聞いた話ですが、ここではしゃぐと楽しすぎて失禁する子供がいるそうです。
その気持ち、よく分ります(笑)
すべてを忘れて「わーっ」って飛び込みたくなるような。
雪にまみれて遊ぶのはそれと同じぐらい楽しいんですね。

また、小学生の頃に剣道を習ってました。
週に2〜3回、夜、武道場まで行って。
片道3キロ、竹刀と道着を担いでてくてく歩きますよ。(防具は道場で借りる)
冬は雪降る中を歩いて帰るわけです。もちろん完全装備です。
フードの中にマスクを着け、マフラーで覆って。

  20150819_4.jpg
  ほとんどこれと一緒です。

帰りは夜の8時過ぎ。
途中、公園で転げ回って遊んだりしながら(笑)

田舎ですから、その時間ともなると街は静かです。
人の気配はそこかしこにあるんですが、雪が音を吸収してくれるので、寝静まったように静かです。
漆黒の天球から止む事なく降ってくる雪を見上げながらとぼとぼ歩いて帰るのは
とても風情がありました。

  20150819_5.jpg

雨や雪の中、完璧な防護力に守られて蒸れていると
その感触がどんどん愛おしくなりますよ。
外見はずぶ濡れでみじめっぽいですが、それとのギャップが火に油を注ぎます(笑)

「冬は晴れて当たり前」という地方に育った人には
このエモーションは理解しづらいだろうと思います。
どんなに天気が悪くても、冬あっての四季というか。

そんな小さい頃からの積み重ねが「暴風雪ウォーキング(*´д`*)ハァハァ」なんですね。

  20141205_1.jpg

ここまでの駄文でお察しの通り、
今やってる事は、子供の頃からまったく変わってません(笑)
マスクがちょっとグレードアップしたぐらいで。

「冬ってなんかいいな」という感情を忘れたことはありませんが、
精通を迎えた頃、この気持ちとエロとが結びつくとはよもや思いませんでした。
でも掘り下げて考えてみると根っこは小さい頃にあったんですね。

理想のプレイを追い求めるなら、今までの自分を思い出しながら
どこか琴線に触れる要素も加えてみると
今まで意識してなかった新しい境地に目覚めるかもです。
私もこのブログを始めるまで、写真のような姿で冬の夜に歩くなんて考えもしませんでした。

どんな肥料がフェチを発芽させるか分らないものですね。
げに恐ろしきはフェチなり。

P.S. 拍手ありがとうございました。励みになります(^^)

発芽。 | 2015/08/19(水) 23:42:07 | カテゴリ:プレイ日記 | コメント (2)
ユーザータグ:レインコート・防護服 スキーウェア
コメント
メッツ
2015/08/20(木) 01:28:14  URL 編集
こんばんは紺さん。
感動という言葉を頂戴し大変嬉しく思います。コメント読んで一人で
照れて舞い上がってました(笑)
拘束の件ですが、結局はシンプルな答えに行き着きました。
まだ実践した訳では無いので以下は構想です。
まずオムツにカバーを付けて装着してゴム手袋を付けます。
汗やムレを楽しむためには全裸の上からレインコートを着るのが良いようなので上記の装備を付けてカッパ上下を着ます。
後は頭部にスイムキャップを被って上は長袖の黒tシャツ二枚から三枚重ね
下は黒タイツ重ねで全身を包み込めると考えました。
前回のコメントの続き的話ですが必ず女性用を着用しなければならないという勝手な制約を脳にインプットしていたせいか男性用の服を使うことに抵抗があったので今まで使用しなかった服を使用した結果上手くいった感じです。伸縮性がある素材は外から来たほうが締め付け効果があると判断しました。まあ下は完全なる女性用ですが(笑)。
後は目の下の部分を上手く覆えば完成です。安上がりかつ拘束感抜群
変態感抜群のように思えてなりません。水分補給用のチューブを装着してより長時間のプレイにも対応できるようしてみます。熱いので排泄時に体温を奪われる心配もありません。脱水症状も同じです。
今のところ目から下を上手く拘束(適度に息苦しくする)方法は外からマスクかアダルトショップで見かけたSM用の伸縮性のある包帯を検討しています。それからツージーQは相変わらず見つかりませんが
今日遠出なので探してきます。最悪はコーラックかもしくはイチジク浣腸にチューブでもつけて装備後に注入できるようにしてみます。これに長靴を履いてしばらく屋内でのプレイに専念します。
変態ウォーキングは上記のようなアイディアで外で装備できるタイプを考案してからにしようと思います。
もしも予算に余裕ができたらウェットスーツやガスマスクの購入も本気で考えて見ます。
とりあえず今日買出し言ってきます。では メッツ
紺  #eK1KoZmQ
2015/08/20(木) 23:57:37  URL 編集
メッツさんこんにちわ。レスありがとうございます。

いろいろ組み合わせて楽しんでますね。
目の周りを覆う方法ですが、アイマスクに穴を開けるのはどうでしょうか。
最低限の視界が得られる範囲だけ切り抜いて。
その上から包帯を巻くとアイマスクがぴったりフィットして
簡単に取れないようになるかと思います。
これなら包帯を目のふちぎりぎりに巻かなくても塞がれますよ(・∀・)
あえて「目を隠す」アイテムを使うのが逆転の発想というか(^^;)

> 男性用の服を使うことに抵抗があったので今まで使用しなかった服を
> 使用した結果上手くいった感じです。

ああ、まさにここがターニングポイントなんだな、と思いました。
エロ方面から入っていくと、どうしても女性用になりますよね。
でも、マニア度が上がってw自分の悦びの根幹にある要素をクローズアップしていくと
「拘束感」や「雨に打たれる快感」などはもはや
「異性」とは関係ないことに気づくんですね。
それなら女性用にこだわらなくてもいいのでは?と思い至ります。
私がウォーキングにメンズのレインスーツや反射ベストを取り入れてるのは
その一環だったりします。おかげで外出プレイのハードルがずいぶん低くなりました。

「スポーツ」というと一所懸命に汗をかく運動を想像しますが、
イギリスではトランプゲームやバラ作りも「スポーツ」だそうですよ。
あれこれ考え、心と体の楽しみが得られる事はすべてスポーツなのかもしれません。
方向性は違うものの、日本では武道のほかに華道や茶道も「道」が付きますよね。
それと似たようなものかもしれません。
心と体の楽しみ…という点では、フェチプレイは自分の体を使って楽しむ
まぎれもないスポーツですw

歩きながら液体を注入するのは難しいかもですね。
チューブを挿入しっぱなしだと腸内圧で容器に逆流しますので
逆止弁のような仕掛けが必要そうです。
注入してすぐ抜くなら大丈夫だと思いますが。
液体の即効性はとても魅力的なので、なんとか実現したいですが。

ウェットスーツの着用感は実際に着てみないと想像しづらいと思いますが
とにかくタイトフィットなのが好き!という方におすすめです。
脇の下にすき間ができないぐらい密着しますよ。
「着る」というより「中にはまる」という感じ、
「脱ぐ」というより「体から剥がす」という感じです。
おむつとの相性も最高です(・∀・)

防寒性が不要ならば薄手のタイプのほうが楽しめると思います。
陸上で着るならwブランドにこだわる必要はないので、
安いものを探したほうが満足度は高いかと思いますよ。
コメントの投稿

※他のサイトに同じ内容が投稿されている場合は、内容に関わらずスパムと判断します。
 悪しからずご了承くださいませ。
 
非公開 非公開コメントとは?
  ※非公開にすると修正・削除できません。
  ※非公開コメントで返信が必要な場合は、メールアドレスをご記入ください。