プロファイル
 
Author : 紺 (♂)



音楽ブログ(エロなし)

最新記事
2020年
最新コメント
全レスします(^^)
<>+-
<> + -
月別アーカイブ
1日→31日の順に表示します
 2020 07  (19)
 2020 06  (19)
 2020 05  (22)
 2020 04  (13)
 2020 03  (19)
 2020 02  (15)
 2020 01  (19)
 2019 12  (15)
 2019 11  (8)
 2019 10  (19)
 2019 09  (16)
 2019 08  (17)
 2019 07  (12)
 2019 06  (15)
 2015 12  (28)
 2015 11  (27)
 2015 10  (29)
 2015 09  (29)
 2015 08  (27)
 2015 07  (29)
 2015 06  (29)
 2015 05  (31)
 2015 04  (28)
 2015 03  (27)
 2015 02  (27)
 2015 01  (29)
 2014 12  (30)
 2014 11  (28)
 2014 10  (24)
 2014 09  (1)
 2014 08  (28)
 2014 07  (27)
 2014 06  (27)
 2014 05  (28)
 2014 04  (27)
 2014 03  (30)
 2014 02  (25)
 2014 01  (28)
 2013 12  (27)
 2013 11  (27)
 2013 10  (30)
 2013 09  (29)
 2013 08  (30)
 2013 07  (30)
 2013 06  (29)
 2013 05  (30)
 2013 04  (28)
 2013 03  (28)
 2013 02  (29)
 2013 01  (25)
 2012 12  (29)
 2012 11  (28)
 2012 10  (30)
 2012 09  (28)
 2012 08  (29)
 2012 07  (29)
 2012 06  (23)
 2012 05  (28)
 2012 04  (30)
 2012 03  (28)
 2012 02  (27)
 2012 01  (28)
 2011 12  (29)
 2011 11  (28)
 2011 10  (29)
 2011 09  (28)
 2011 08  (30)
 2011 07  (29)
 2011 06  (28)
 2011 05  (30)
 2011 04  (14)
 2011 03  (26)
 2011 02  (17)
 2011 01  (31)
 2010 12  (31)
 2010 11  (28)
 2010 10  (30)
 2010 09  (30)
 2010 08  (30)
 2010 07  (31)
 2010 06  (32)
 2010 05  (30)
 2010 04  (29)
 2010 03  (32)
 2010 02  (27)
 2010 01  (26)
 2009 12  (19)
 2009 11  (9)
 2009 10  (12)
 2009 09  (17)
 2009 08  (23)
 2009 07  (11)
カテゴリ
 
ユーザータグ
 
記事一覧
 
ブログ内 全文検索
 
リンク
 
アダルト系のリンクは
ホームにあります。
SPECIAL THANKS
いつもお世話になっているサイト
メール
 
訪問者数
 
激しくまみれる。
2010/09/27(月) 20:07 プレイ日記
今日は日帰りでちょっと出張。
移動中にこんなの書いてました。

先日「まみれる。」に書いた汚れ系の妄想をふくらましてみましたよ。

かなりディープで、かなり長いです。
汚い画像はありませんが、凄絶な表現が随所に出てきます。
お食事中の方はもちろん、その前後の方も、体に変調をきたすかもしれません(^^;)

キーワードは、ゴム・浣腸・おむつ・看護婦・マゾあたりです。
体と心の準備ができていて耐性のある方だけ「続きを読む」でドゾー。
※文才がないので小説の形になってません。イメージだけお楽しみください(^^;)



まずはこんな動画をご紹介。
ドライスーツフェチ向けのビデオです。



リリース元はこちら http://www.hapwater.com/
関連動画もいろいろあります。
短いものばかりですが、画質が良く見応えがありますよ。

こういう恰好の女性のことを
ドライスーツフェチ用語?ではFrogWomanと呼んでるみたいですね。

先日も書きましたが、これを着て大きな便槽に潜ってみたいです(爆)

小さい頃、地元に古い建物の学校がありました。
もう学校としては使われてなくて、公民館か何かに転用されてました。
ある時そこへ行く機会があって、構内を探検してたら、ぽっとん便所の汲取口を見つけました。
何気なく中を覗いたら、ものすごい臭気とともに、暗黒の世界が広がってました。
子供の目には、とても広くて深くて、こんなプールのように思えました。

  
  the deepest swimming pool in the world

それ以来、ぽっとん便所を見ると
「落ちたらどうしよう」という恐怖がトラウマになりましたよ。

それが長じて変態大人になった今、こんな大きな便槽があったら
完全防護姿で2, 3日、いや1週間ぐらい沈められてみたいと思うから不思議です(爆)

ではここから、dive in...

まず完全防水のダイビングスーツを着用します。
手袋、ブーツもゴム製。

  4651713827_1f03b95dab_b.jpg

袖口はこんな感じでシーリングしておきます。
手袋をはめてテープでぐるぐる巻きにされたら、もう自分では剥がせません。

  

マスクはこういう「フルフェイスタイプ」。
ゴム製のフードと組み合わせることで、顔全体が防護されます。
形はタイトなシルエットで、視界はやや狭めがいいですねえ。

  full-face-mask.jpg

マスクの中にはぶ厚いガーゼやスポンジをギチギチに詰めてもらいます。
呼気で湿気を帯びて、少しずつ息苦しくなります。

ひととおり装着したら、汲取口へ連れて行かれ、女子トイレの便槽へ突き落とされます(爆)
どろっとした汚物の中を、どこまでも沈んでいく…

普通のダイビングならタンクを背負うわけですが、
長丁場になるので、酸素はホースで供給してもらうことにします。
その量をコントロールするのは、地上で待機している女王様。
生かすも殺すも、女王様の指先ひとつです(*´д`*)ハァハァ

ホースは酸素の他にもう2本つながっています。

ひとつは栄養浣腸です。
沈められている間の栄養補給は、口からではなく、肛門から強制的に行なわれます。
せっかくの栄養を漏らしては意味がないので、2つのバルーンで肛門をガッチリ挟み
漏れないようにします。
毎日決まった時間になると、突然、このホースから栄養液を一定量注入されます。

  
  ダブルバルーンカテーテル

そしてもうひとつは、ゼリーを注入するホースです。
栄養を液体で注入されると腸の働きが衰えてしまうので、
注入から一定時間経つと、今度は流動性のあるゼリーが送り込まれます。
長いホースの中を圧力をかけて重みのあるゼリーが流れてくると
ホースがドクンドクンと波打ちます。

  

このゼリーには浣腸成分が含まれていて、体温で温められると活性化し、
大腸内がゼリーが満たされた頃に、腸全体から激しい便意が起こります。
でも、肛門はバルーンで塞がれていて、出したくても出せません。
バルーンのポンプは女王様の手元にあります。

女王様は時間を見計らってスイッチをON。
するとバルーンが強烈に振動し始めます。
竿にもコンドーム形の強力バイブが装着してあり、前後同時に暴れます。
激しい便意の中、イキそうになるとぴたっと止まります。
体の変化はすべてモニターされています。
ゼリーの水分は腸壁から徐々に吸収されていきます。

散々じらされてようやくお許しが出ます。
バイブが一段と激しくなり、気がおかしくなる寸前で
バルーンの空気が一気に抜かれ、粘度を増したゼリーが肛門から次々と噴き出します。
同時に、体ごと揺さぶられるような射精が起こります。
それを感知した竿バイブは内部のエアバッグが膨らみ、竿を極限まで圧搾します。
腸内のゼリーが全部なくなるまでそれは続きます。
パニック状態のままついには失神し、射精を終えた竿からは大量の尿を垂れ流し、
巨大なおむつに吸収されていきます。
そう、ゼリーから吸収された水分は、すべて尿になるのです。

ふと意識が戻ると、周りがほかほか暖かいのに気がつきました。
二重構造のゴムスーツは保温性があるのですが、それだけではないようです。
手足を動かすと、もこもこしたゴムスーツ越しに、ぶよぶよと何かが当たる感触。
ああ、ゴムの外側はただのプールじゃなくて、おぞましい汚物だったんだ…。
真っ暗闇の中、塊らしきものをゴム手袋をはめた手で握りつぶすと
「にゅるにゅるっ」と指の間からはみ出します。
うわぁぁぁ(爆)
泳ぐように手足でかき混ぜると、塊はそこらじゅうに満ち満ちていました。
すると体を包み込むようにふわーっと熱くなります。
あぁ、発酵してるんだ、これ…

どろっと重い液体の中を水面まで浮上しました。
やっぱり真っ暗で、マスクもどろどろ。何も見えません。

ときどき水音がします。
音のするほうへ泳いでいくと、突然、べちゃべちゃべちゃ!と何か頭にかけられました。
どうやらここが便器の真下みたいです。
仰向けに浮かんで、その感触をゴムスーツ越しに感じてみました。
体のあちこちランダムに、べちゃべちゃって落ちてきます。
あぁ、もう一生、このままでいいかも…。

いま、何時なんだろう? いや、何日なんだろう?
真っ暗な中で栄養浣腸とゼリーの注入、そして強制搾精の繰り返し。
触感と耳だけ敏感になっていくのと裏腹に、それ以外のことはぼんやりしてきました。
その触感も、装着しているものが体に馴染みすぎて、
どこまでが自分の体で、どこからがゴムスーツなのか、分らなくなってます。
おむつの中がどうなってるのかも、どうでもよくなっちゃってます。

長い時間が経った後、体が不意に後ろへ引っぱられました。
引き上げるタイミングがきたようです。
この時のため、腰に命綱が付いてたのですね。
エビのような姿勢のまま、汚物の中をぬるぬる~っと、水面へ向かって引きあげられていきます。

便槽から上がると、どろどろの姿のまま、手を取って連れて行かれました。
陸に上がったドライスーツはすごく歩きにくい…。
潜っていた間の排泄物をぜんぶ吸収した巨大な紙おむつも、ずっしりと股間を締めつけています。
浮力がないとこんなに重かったのか…。

言われて立ち止まったら、温水がザーザーとゴムスーツに降り注ぎました。
視界が開けると、そこにはレインコートとガスマスクで完全装備した女王様が2人。
シャワールームでした。

  
  すみません、これは私です(^^;)

外側が洗われ、ゴムスーツを脱がされます。
ああ、外気に触れるのは久しぶり…。
全身がすごく敏感になってます。
視界が開け、音がクリアに聴こえると、ものすごい臭気が鼻を突きました。
「どう?臭いでしょ」
女王様達はまだ完全装備、ガスマスクの奥で目を細めて笑っています。
裸になってまた洗われます。
ゴム手袋であちこち触られてはげしく勃起します。

さっとシャワーカーテンが開いたら、そこには内診台が。
ここもシャワー室の中のようです。

  naisindai.jpeg

ゴム手袋をはめた手で介助され、台にのぼります。
ひとりの女王様がシャワーをかざして上半身を洗います。
もうひとりの女王様が、肛門のバルーンをすぼませて抜き始めました。
腸壁をこする感触でイキそうになり、
竿に装着されたエアバッグ内蔵バイブがわっと締めつけます。
便槽で責められた感触がよみがえり、すぐ限界に達しました。
女王様が先っぽを押さえた瞬間、ゴム手袋の中にドクドクと吐き出しました。
同時に肛門から、腸内に残っていたゼリーが噴き出し、女王様のレインコートに飛び散りました。
怒られるかと思いきや、「あらあら、しょうのない子ね。」と目を細めています。
飛沫をかぶっても大丈夫なように、完全装備してるようです。

内診台に乗ったまま股間にシャワーを浴び、ゴム手袋をはめた手で肛門の中まで洗われます。
私はもう下半身に力が入らなくなり、されるがままでした。

  showercurtain.jpg

シャワーの音が止まりました。
やわらかいタオルで全身を拭かれ、タオルケットで包まれていきます。
ふわふわと気持ちよくて、そのままの恰好でまどろんでしまいました。

「さ、終わったわよ。」という声で目が覚め、
起き上がろうとしたら、もう体のどこにも力が入りません。
フル装備だった女王様達はいつの間にかナース服に着替え、マスクを着けています。
2人の「看護婦さん」に持ち上げられてストレッチャーに移されました。
看護婦さんは覆い被さるように耳元で
「よくがんばったわね。処置は済んだわよ。」とくぐもった声で囁きました。

処置?
ぼんやりしながら考えていると、看護婦さん達はひそひそ話してます。
自律神経がなんとかって言ってるのが聞こえました。
ふと気づくと股間がまた紙おむつで包まれてるのがわかりました。
「さ、行くわよ。」
ストレッチャーが滑るように動き出し、シャワー室から廊下へ出ます。

向きが変わったと思ったら、入ったのはここでした。

  bedroom.jpg

病室…?

手早くベッドに移されます。ずいぶん広いベッドです。

  そう。入院したのよ。
  もう一生、おむつが取れない体にしてあげたの。
  処置がうまくいったから、オシッコもウンチも垂 れ 流 し 。
  …ほぉら、おむつ当てたばっかりなのに、もうオシッコ出てるじゃないの。

  ゆるいのはこっちだけじゃないのよ。
  お尻の穴だって、もう自分で閉められないのよ。
  心配いらないわよ。バルーンふくらましてあるから。

  あ、ポンプはこっちで調節するから、いじっちゃだめ。両手は押さえておくわよ。

  君は今日からこの病棟のペットよ。
  看護婦さんたちが毎日交替で診てあげるわよ。
  今してるおむつね、それ、コンドーム一体型だから、
  着けたままセックスできるのよ。すごいでしょ。
  だって、射精するたびにウンチ漏らしちゃうんだもん。
  そういう子は、看護婦さんがめんどう見てあげるしかないでしょ。

  癖になるわよぉ、おむつにウンチしながら看護婦さんに犯されるのってw
  いっぱい出るように、下剤入りのミルク、哺乳瓶で飲ませてあげるね。

  93099309.jpg

  2, 3日様子みて大丈夫だったら、今度はお薬使って治療よ。

  最初のお薬はね、消化機能が10倍になる薬よ。
  食事は…食物繊維たっぷり入った流動食だから、
  薬が効いてきたら、どうなると思う?
  そう、ウンチの量も10倍になるの。浣腸しないとすぐ便秘になっちゃうでしょ。
  だから毎日10回浣腸して、上になって犯してあげる。
  ウンチ出る時がここ、一番大っきくなるんだもん。
  だいたい4, 5回で立たなくなるから、そしたらお尻の穴でイカせてあげる。
  気絶するまでしてあげるからね♪

  もうひとつのお薬はね、手足が動かなくなる薬なの。好きでしょそういうの?
  今は拘束しないと動いちゃうけど、それも要らなくなるわね…。

  そうやってベッドで動けないまんま、
  オシッコもウンチもおむつに漏らしながら射精するだけの体になって、
  このまま一生、ここの看護婦さんたちのおもちゃにされるのよ。
  ずっとコンドーム一体のおむつ着けてて、浣腸するだけでガチンガチンになるんだから、
  したくなったらいつでもできるでしょ。病棟の看護婦さんたち大喜びよ。

  そうそう、さっき主任がね、この子を女子トイレにしたらどう?って言ってたわよ。
  浣腸セックスでイケなくなったら、次はそういう治療があるんだって。

  01405.jpg

  ここに寝たままで、看護婦さんがまたがったら口を開けるのよ。
  オシッコしたらきれいに舐めて、ちゃんとイカせてあげてね。
  専用のマスクがあるから、臭わないように、終わったらそれ着けるのよ。
  マスクが外せるのは、看護婦さんがまたがった時だけ。

  薬が回ったら、そうなるのも時間の問題ね…。

そう言い含めると、二人はナースシューズを脱いでベッドに上がりました…

病室の入口には「性欲処理室」と書かれました。

病棟の看護婦さんたちは体がうずくと
湿った股間をキュッと締めながら、ディスポ浣腸を手にその部屋へ向かうのでした。
時には、イルリガートルを載せた台車をカチャカチャと押していく姿も…。
夜勤明けの時間帯には順番待ちの看護婦さんが乱入して「集中治療」になることもあったようです。

  40.jpg

そしてひと月後、入口の札はこれに付け替えられました。

restroomsign.gif
女子便所 7:00~23:00

ベッドの上でオシッコするのに慣れた看護婦さんたちは、
やがてオネショをするようになり、おむつが外せない体になっていくのでした…。

(とりあえずおしまい)

P.S.
私にはリアルなスカ趣味はなく、あくまでも妄想の世界としてですが、
強制的にそういう状況におかれるのはすごく興奮します(^^)
この妄想は長年温めていた一連のもので、その70%ぐらいは出切ったと思います。
ここから枝葉のように派生するストーリーがいくつかありますので
それはまた別の機会に。
激しくまみれる。 | 2010/09/27(月) 20:07:15 | カテゴリ:プレイ日記 | コメント (3)
ユーザータグ:おむつ レインコート・防護服 ナース服
コメント
omu
2010/09/28(火) 15:12:18  URL 編集
凄い面白く読まさせていただきました。(^^)
私的には便槽に落とされるのは勘弁ですけど、強制的に肛門からの栄養浣腸、ゼリー浣腸最高です。オムツの中にたっぷり排泄したいです。バルーンやコンドームバイブ失神してしまいそうなくらい嬉しいですね。
看護婦さん達からの痴態プレイ、おしっこウンチ垂れ流し、浣腸されてからの射精。
凄いです。
看護婦さんにいっぱい浣腸されて犯されてみたい(^^)
オムツ外せない体になった看護婦さんと相互おむつプレイしてみたいです。
続き楽しみにしています。
やっぱり全部出し切って小説にした方がいいですよ。
レインコートマン  #NdhKOZCE
2010/09/28(火) 21:17:52  URL 編集
今夜、夜中にトイレに行けません(~o~)
紺  #eK1KoZmQ
2010/09/28(火) 22:13:40  URL 編集
omuさん、レインコートマンさん、ご覧くださりありがとうございます。
いきなり凄いものをお見せしてすみませんでした(^^;

omuさん:

> 看護婦さんにいっぱい浣腸されて犯されてみたい(^^)
前後同時発射は究極の快感だと思いますよ。

> オムツ外せない体になった看護婦さんと相互おむつプレイしてみたいです。
> 続き楽しみにしています。
実は他のストーリーでそういうのがあるんですよ。
内容が固まったらまた書きますね。

> やっぱり全部出し切って小説にした方がいいですよ。
あははは(^^; がんばります。

私、文章書くのが苦手なんですよ。
なんていうか、文章ってリズムだと思うんですね。
読む速度と理解する速度がシンクロするのが理想だと。
自分で書いたのを読み返すと、あちこちで引っかかって、何文字か手前から読み直さないと
意味がわからないような表現がよくあるんですね。
まるで自動翻訳で作られた日本語みたいな。
ふだんもっと本を読めば、それが血となり肉となるんでしょうけど。

読書の秋、たまにはエロ以外で何か読もうかなと思う今日この頃です。

レインコートマンさん:

> 今夜、夜中にトイレに行けません(~o~)
あぁぁ、脅かすつもりはなかったのですが(^^;;;
そんな時こそオムツ着用ですよ(笑)
コメントの投稿

※他のサイトに同じ内容が投稿されている場合は、内容に関わらずスパムと判断します。
 悪しからずご了承くださいませ。
 
非公開 非公開コメントとは?
  ※非公開にすると修正・削除できません。
  ※非公開コメントで返信が必要な場合は、メールアドレスをご記入ください。