プロファイル
 
Author : 紺 (♂)



音楽ブログ(エロなし)

最新記事
2020年
最新コメント
全レスします(^^)
<>+-
<> + -
月別アーカイブ
1日→31日の順に表示します
 2020 07  (19)
 2020 06  (19)
 2020 05  (22)
 2020 04  (13)
 2020 03  (19)
 2020 02  (15)
 2020 01  (19)
 2019 12  (15)
 2019 11  (8)
 2019 10  (19)
 2019 09  (16)
 2019 08  (17)
 2019 07  (12)
 2019 06  (15)
 2015 12  (28)
 2015 11  (27)
 2015 10  (29)
 2015 09  (29)
 2015 08  (27)
 2015 07  (29)
 2015 06  (29)
 2015 05  (31)
 2015 04  (28)
 2015 03  (27)
 2015 02  (27)
 2015 01  (29)
 2014 12  (30)
 2014 11  (28)
 2014 10  (24)
 2014 09  (1)
 2014 08  (28)
 2014 07  (27)
 2014 06  (27)
 2014 05  (28)
 2014 04  (27)
 2014 03  (30)
 2014 02  (25)
 2014 01  (28)
 2013 12  (27)
 2013 11  (27)
 2013 10  (30)
 2013 09  (29)
 2013 08  (30)
 2013 07  (30)
 2013 06  (29)
 2013 05  (30)
 2013 04  (28)
 2013 03  (28)
 2013 02  (29)
 2013 01  (25)
 2012 12  (29)
 2012 11  (28)
 2012 10  (30)
 2012 09  (28)
 2012 08  (29)
 2012 07  (29)
 2012 06  (23)
 2012 05  (28)
 2012 04  (30)
 2012 03  (28)
 2012 02  (27)
 2012 01  (28)
 2011 12  (29)
 2011 11  (28)
 2011 10  (29)
 2011 09  (28)
 2011 08  (30)
 2011 07  (29)
 2011 06  (28)
 2011 05  (30)
 2011 04  (14)
 2011 03  (26)
 2011 02  (17)
 2011 01  (31)
 2010 12  (31)
 2010 11  (28)
 2010 10  (30)
 2010 09  (30)
 2010 08  (30)
 2010 07  (31)
 2010 06  (32)
 2010 05  (30)
 2010 04  (29)
 2010 03  (32)
 2010 02  (27)
 2010 01  (26)
 2009 12  (19)
 2009 11  (9)
 2009 10  (12)
 2009 09  (17)
 2009 08  (23)
 2009 07  (11)
カテゴリ
 
ユーザータグ
 
記事一覧
 
ブログ内 全文検索
 
リンク
 
アダルト系のリンクは
ホームにあります。
SPECIAL THANKS
いつもお世話になっているサイト
メール
 
訪問者数
 
記憶の彼方へ。
2011/02/05(土) 15:10 もろもろ
昨日は久々にウォーキングしました。
晴れ上がった深夜に、田んぼ道を6キロ
この距離にもようやく慣れ、
ちょっと速いペース(所要1時間)で歩けるようになりましたよ。
このまま8キロ、10キロと延ばしていきたいところです。

さて。

相撲の八百長が騒がれてますね。
個人的に一番のインパクトは携帯メールの復元でした。
どの領域に保存したデータか分かりませんが、本体のメモリーだとしたら
ユーザーコマンドで消したものを復元できるって凄いですね。

最近は携帯が事件に絡むことが多いので、もしかすると当局からメーカーへ、
インデックスだけ消しても本文はメモリーがある限り残しておく仕様にしろと
要望されてるのかもしれませんね。

話は変わるようで変わらないのですが(笑)、
私がやってる表のサイトのHDが飛びましたよ。
加入してるプロバイダーのWebサーバーです。
MaskManiaque本館と同じく静的HTMLだけのページなので
再アップの手間以外、実質被害ゼロでしたが。

もし、飛んだのがこのブログだったらと思うと…。

ブログのコンテンツで手元に保存してあるのは画像だけです。
経験上、サーバーのデータが飛ぶ確率は、自分のパソコンより遥かに高いです。
何か対策を考えないといかんですね。
こんなチラ裏な変態ブログでも、書いてる当事者にはひと財産ですよ。
FC2ではバックアップデータのダウンロードが一応できますが、
データ形式の汎用性がよく解らず、使ったことがないです(爆)

ところで、最近はTwitterへ活躍の場を移す人も多いようですね。
あれは非リアルタイムのチャットですね。
チャットはインターネットの黎明期に流行りましたが、その後はどうも。
下火になった理由は明白です。同時に集まるのが難しいからです。
Twitterにしても2ちゃんねるにしても携帯メールにしても、今使われてるツールは
非リアルタイムでコミュニケートできるものが主流です。
(携帯メールはリアルタイムで、という人も多いと思いますが)

考えてみれば、記憶媒体の進化は
人間がいかに非リアルタイムで情報を伝えるか格闘してきた歴史です。
石板から木札、紙と印刷技術、磁気、半導体に至るまで。
テレビやラジオだって、本体が出来上がったら
あとは「いかにそれを記録するか」が電気屋さんの飯の種だったわけです。

そこまで人をして努力させる理由は何かといえば
文明が発達するにつれ、人同士の「同時性」を維持するのが難しくなってきたからですね。
みんな本心では、非同期で動きたがると(笑)。
まるで相対性理論みたいですが、時間の進み方は人によって違います。
それは方程式をひねり出すまでもなく明らかです(笑)

テレビやラジオといった商業電波は即時性を拠り所としていますが、
実は「即時に伝わること=情報の受け手が必要とする時に伝わること」ではないんですね。
簡単にいえば、寝てる間のニュース番組には意味がないですよと。
(地震で飛び起きたような場合は、必要とする時ですから別)

テレビはよく、インターネットを自分の敵と見なしてますが、
この広大なWebスペースはいかにタイムシフトするか苦心してきた人間の努力の結晶であり、
商業電波は単にそれが出来ないだけだということを、まるっきり忘れてますよ。
人類のタイムシフト願望は、たかだか一企業に覆せるようなものではありません。
もしエロビデオがすべて生放送だったら、はた迷惑でしょ(笑)

見る側も「瞬時に伝わるメディアこそ一番優れてる」と長らく洗脳されていましたが、
インターネットの出現で、「キャッシュ機能があることこそ、自分にとって価値だ」と
うすうす気づいた人が増えてきたのが、テレビ没落の一因じゃないでしょうか。

そう考えると、テレビやラジオといったリアルタイムが基本のビジネスは
案外、新聞より先になくなるかもしれませんよ。
現代は後から出来たものが先になくなる時代ですから。(下図)
まさかテレビ(アナログ)がAMラジオより先になくなるとは思いませんでしたよ。
AMなんて、戦前の鉱石ラジオでも今の放送が聞こえますもんね。

後から出来たものが先になくなる?
20110205_1.png

地デジTV放送は、少なくともテレビ本体で簡易録画できる機能が
全機種に付くぐらい普及しないと、放送ビジネス自体が終わってしまう可能性がありますよ。
自分の都合で保存できないメディアはアウトです。
むろんHDレコーダーを別に買えば一応できますが、すると今度は
その追加投資に耐えるだけの価値があるかを問われますから
現状のコンテンツと、貨幣価値やレコーダーの値段を天秤にかけると、正直厳しいかと。
ちなみにここでいう録画機能とは単なる留守録ではなく、
「さて、テレビでも見ようか」と電源を入れてチャンネルを選ぶ時、番組表でいうと
横方向(放送局)だけでなく縦方向(過去未来)も自由に選べる二次元の機能ですよ。

今回の一斉入れ替えのタイミングでそういう機能が付いたテレビを普及させられなかったのは
ひょっとすると致命傷だったのでは、と思ったりします。
次の買い替えタイミングは当分先ですから、
それまでにテレビ離れがどれぐらい進むのか、要注目です。
ラジオスターの悲劇という歌がありますが、
実は悲劇が起きたのはテレビスターのほうだったね、というオチになるかもです。

話がどんどんそれますが、石碑ってありますよね。
今でも新たな石碑が日々建立されてるのをご存じでしょうか。
新しい道路が出来たりすると、よく路肩に建ってます。

なんで今どき石碑なんだよって不思議だったんですが、
情報を記録できる媒体の中で風化に一番強いからなんですね。
紙や木はいうまでもなく、コンクリートですら風化しますよ。
人工物って千年というスパンで見ると案外脆い物です。
(定期メンテナンスをやめた屋外の人工物がどうなるかは、ここが詳しいです)
その年月に耐えて字が読める媒体というと、もう石しかないんでしょうね。
記憶媒体の歴史が石から石(半導体)へで、なおかつ石碑のような原始的なものが
現在でもある意味最強なのは、面白いと思いましたよ。

ちなみに、フロッピーやMO、レーザーディスクのような古い媒体が
ドライブが手に入らなくなったり、OSが対応しなくなって読めなくなることを
英語でslow fireというそうですね。静かなる火事。
 参考:フロッピーの国内販売やめますよ

ここから派生して考えると、slow fire問題は
・人間の「記憶」とは違うフォーマットで記録してること(当たり前ですが)
・記憶媒体と再生・出力機器が別体式であること
ということが原因じゃないかと思います。

これを解決するためには、
まず人間の脳味噌の記録フォーマットを解析した上で、
それと同じ形式で非圧縮で記録する必要がありますね。
また再生機構は人体に備わっている機構を利用する、
つまり視神経などに直接オーバーレイする仕組みになりますね。
あと100年経てば実現するでしょうか?
そう考えると、iPodや携帯電話などのポータブル機器は
一歩でもこの仕組みに近づこうと努力してる姿に見えてきますよ(笑)

目下最大の関心事は、あまねくばら撒かれているエロコンテンツのうち
22世紀まで残るのは果たして何%かということです(笑)
江戸時代のエロ本は今でも読めますが、エロDVDは当時の風俗として
後世に保存、参照することはできるでしょうか?

文字通り五感にダイレクトに響くエロメディアの登場を願って止みません(笑)

以上、やおメールのニュースを見て思ったチラ裏話でした。

20110205_2.jpg
(拾い画像)

記憶の彼方へ。 | 2011/02/05(土) 15:10:22 | カテゴリ:もろもろ | コメント (0)
ユーザータグ:Webネタ
コメントの投稿

※他のサイトに同じ内容が投稿されている場合は、内容に関わらずスパムと判断します。
 悪しからずご了承くださいませ。
 
非公開 非公開コメントとは?
  ※非公開にすると修正・削除できません。
  ※非公開コメントで返信が必要な場合は、メールアドレスをご記入ください。